【彼女を虜にする手マン】手マンで彼女を喜ばせるコツ☆手マンのテクニックが彼女との関係を決める



彼女とのエッチにおいて手マンは必需品だ。

日頃から夜の営みを重ね、お互いの性癖や感度を知り尽くしていることも多い間柄だけに、手マンもバリュエーションに富み、時に過激になる。

いつも同じような手マンで楽しむカップルもいれば、マンネリ化した手マンに満足できずに探求心を極めるカップルも多い事だろう。

車内でトイレで公園でと、場所を選ばず手マンに没頭する人々も少なくない。

今宵は巷にあまた溢れるカップルの手マンを全てさらけ出そう。



  1. 彼女への「手マン」に悪戦苦闘する20代の男たち
    1. キスの後に行う手マンでGスポットを責め、山本美月似元カノを潮吹きさせる
    2. 大学生となり初めてできた彼女のマンコに指を入れると、想像とは異なる異次元の世界
    3. カラオケでイチャイチャから彼女に手マン!激しく濡れたマンコの後処理は大変
    4. ほろ酔いでベットインして、彼女の下を触るとパンツ越しに濡れているのを確認
    5. 彼女が気持ちよさそうにする顔が見たくて、手マンについて勉強する日々
  2. 彼女への「手マン」で女を欲情させる30代の男たち
    1. しっかり濡れるまでゆっくり焦らして、指は1本が原則
    2. 初めてできた彼女との初お泊りで、変態な彼女に手取り足取り教えてもらう
    3. 誰もいない夜の河川敷で、彼女と一線を越えてしまい盛大に潮吹き
    4. 一向にエッチをやらせてくれない処女の彼女に最後通告!渋々手マンされる彼女のマンコはぐちょぐちょ
    5. 女性なデリケートな箇所に踏み入れる手マンは、爪の処理などの清潔感を意識
  3. 彼女への「手マン」で女性を射止める40代の男たち
    1. 手マンで激しく感じる彼女に巡り合い、手マンの虜になってしまう
    2. 「手マン」で潮吹きさせた若き頃、前戯として「手マン」の重要さを悟る
    3. 不倫相手にいつも手マン!!手マンで女性をいかせるのは最高の喜び
  4. 彼女への「手マン」はお手のものである50代の男たち
    1. 彼女との関係性や気持ちを重要視することで、手マンで女性を喜ばせることができる

彼女への「手マン」に悪戦苦闘する20代の男たち


キスの後に行う手マンでGスポットを責め、山本美月似元カノを潮吹きさせる

男性
(22歳男性)


私は手マンは性行為をするうえでとても重要で必要な行為だと思っています。

というのも前戯は、ムードを最高潮に高めるためには必要不可欠だからです。

自分の手マンの技量で相手がしてくれる前戯にも影響が出たり、より濡れていたほうが性行為も気持ちよく行えます。

山本美月似元カノが、とても感じやすく潮も吹いてくれるという、男にとってはこれ以上ないくらいの完璧なパートナーでした。

そのためホテル以外では行為は絶対できませんでしたが(笑)。

キスをしている最中が一番濡れるらしく、私たちの行為は決まってキスの後に手マンでした。

彼女は体調によって潮の量は変化するものの、毎回吹いてくれます。

キスをしながら下を触るとすごい濡れており、最初はスジをパンツの上からなぞるように触り、パンツを脱がせ指を一本ずつ挿入していくのです。

指を二本入れたところで、Gスポットをめがけて手マンしていきます。

不思議なことにAVとは違い、指を抜いた後に潮が出てくるのです。

これは体質だとは思うのですが。別れた今でもこの思い出で抜いてしまう時もあります。





大学生となり初めてできた彼女のマンコに指を入れると、想像とは異なる異次元の世界

男性
(23歳男性)


僕が初めて手マンをしたのは18歳の大学1年生だ。僕は中学高校と男子校出身で手マンなんかとは一切無縁の生活だった。

しかし大学に入ると運がいいことにそこそこかわいい彼女ができた。これが僕を初手マンへと導く第一歩となったわけだ。

その日は突然訪れた。2人で居酒屋に入り、お酒を飲みほろ酔いでイチャイチャする。大学生ならありがちなことだろう。

そんな時僕の脳内ではある思考が駆け巡っていたんだ。

「ヤリタイ」頭の中はこれで一杯だった。

ついに童貞を捨てる時が来たんだと期待に胸を膨らませながら、僕は彼女をホテルに誘い無事に部屋にたどり着く。

常にこの状況をシミュレーションしていた僕にとってここまでの段取りは完璧だった。そしてついに前儀の代名詞手マンを初めてやる時が来たのだ。

手を実際に入れてみると、そこは自分が今まで感じてきた世界とは全くの別物だった。


暖かくなめらか、まるで最新の手袋をつけているかのような感覚が僕の右手に広がっていった。

この感覚にすっかり愛着をもってしまった僕の右手がもう止まることはない。

そこらへんの安い機械よりは正確かつスピーディーな右手で僕は彼女をとことんいじめぬいた。最高の夜だった。



恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。
新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?



カラオケでイチャイチャから彼女に手マン!激しく濡れたマンコの後処理は大変

男性
(29歳男性_2022年時点)


高校生の時に複数の学校から集まった人達の勉強会の時に出来た彼女の話です。

最初はゲームセンターに行ったり、ダーツバーやビリヤードバー、ショッピングモールで買い物等をしていた。

ある日にカラオケに行きたいと彼女が言い出し、その日はカラオケでデートします。

最初は普通にカラオケで歌ったり、流れる映像を見て楽しんでいたが、薄暗い密室に二人っきりという状況に段々とムラムラしてしまい、彼女とそこで初めてキスをしたのです。

その時はキスだけで終わりましたが、カラオケに行くと必ずキスなどイチャイチャするようになります。

その行動は段々とエスカレートしていき、遂にはおっぱいを揉んだり吸ったりし、スカートの中に手を入れて彼女のマンコに指を入れたのです。

彼女はさっきのキスやおっぱいの愛撫でマンコがぬるぬるに濡れており、そのままマンコをいじって彼女をイカせます。

その後彼女はトイレに行き、パンツや濡れたマンコを拭いてきたのです。

彼女のマンコの匂いはけっこう臭く、嘗めようとは思えなかったのでした。





ほろ酔いでベットインして、彼女の下を触るとパンツ越しに濡れているのを確認

男性
(25歳男性_2022年時点)


2年前に交際していた彼女との行為についての体験談です。

彼女との交際のきっかけですが、SNSでの出会いがきっかけで個人的に仲良くしていました。

そんな中で好意を抱いたのですが、嬉しいことにお相手から告白していただいて交際をすることになります。

交際という形ではあったものの、毎日の電話やLINEのやりとりのみで会ったことはありません。

お互いに自分の写真を送ったりしていたので、容姿については知っていたのです。

会ってみると自撮り詐欺ということは全くなく、むしろ写真よりも美人で可愛らし方だったのでむしろ当初よりも興奮しました。

桜木町を歩いた後に横浜駅周辺でお酒を飲み、ほろ酔い状態で彼女の宿泊していたホテルのある新宿まで向かいました。

ホテルに到着すると彼女は手馴れている感じでお膳立てをしてくれて、あまり経験の無かった僕が忘れてそうなことを即座にやってくれたのです。

二人でベッドインしてからはお互いにパンツ越しにお互いの下を触り、胸も触り、その後僕が彼女のパンツの中に手を入れたところお尻の方まで垂れるくらい濡れていました。


お互いに触れ合いながら彼女に行為をして、彼女も興奮していたのでとても心が満たされた行為でした。





彼女が気持ちよさそうにする顔が見たくて、手マンについて勉強する日々

男性
(29歳男性_2022年時点)


高校で出会った一つ下の彼女とはもう4年の付き合いになります。

今ではお互い進学し、短大に通っていた彼女は一足先に就職しています。

この4年間は遠距離恋愛で一か月に一回は会おうねという約束をして、会うたびにエッチしていました。

僕は結構なSで前戯もめちゃくちゃしたいタイプなので、手マンについてはかなり勉強したのです。

最初は中に指を入れるだけで何が何だかわかりませんでした。

勉強していくうちにどこが気持ちいいのかとか、どうっやって動かすのがいいとかがわかるようになってきて、開発を進めることができたのです。

開発が進んだ今では、指を一本中に入れるだけでもう勝手にイケる体になっています。

イチャイチャしてるときにだって手マンしますし、一緒にふろに入っているときにもします。もちろん優しく。

彼女が気持ちよさそうな顔をするのがたまらないですね。そういう顔が見たくて日々勉強しています。

一度、寝る前にノリで中に指を入れたことがあったんです。2分くらいだけ簡単にして、彼女は「もっとして」と大きな目をウルウルさせながら言ってきました。

可愛すぎて忘れられません。






彼女への「手マン」で女を欲情させる30代の男たち


しっかり濡れるまでゆっくり焦らして、指は1本が原則

男性
(30歳男性)


彼女とセックスする時には、手マンは絶対やる!という男性も多いでしょう。

しかし残念ながら、あなたの手マンのやり方では、実は彼女は気持ちよくないかもしれません…。

「手マン大好き」という女性はほんのごく一部で、「痛いだけ」「何が気持ちいいのかわからない」という厳しい意見があるのも事実です。

その事を初めて知りました。

自分は勇気を振り絞り彼女にその事を伝え、どうなのか確かめたらやっぱりあんまり気持ちよくないとのこと、、、

どうしたら気持ちよくなる?彼女に質問して教えてもらえる事になります。

彼女は恥ずかしいと言っていましたが、自分が気持ちよくなるためにと思い手取り足取り教えてもらいました。

とりあえず急いではダメダメとのことで、ゆっくり焦らししっかり濡れるまで違うところを攻めます。濡れてきたら指一本からそれは絶対条件らしいです。

最初の一発目が凄く肝心といって優しくと言われましたした。そんな彼女を見ていて自分は我慢汁でぐちゃぐちゃになっちゃいました笑笑






初めてできた彼女との初お泊りで、変態な彼女に手取り足取り教えてもらう

男性
(30歳男性)


28の時、初めて彼女が出来ました。

まだ女性という生き物を知らなくて、どうやってやったらいいかわからなかったのです。

その時はお店などは行ったことがあるので、女性の身体のことはわかっていましたが、どうやれば満足してもらえるのか全くわかりません。

はじめて家に泊まるという日に、めちゃくちゃドキドキして前の日に上手く寝ることができませんでした。

めちゃくちゃネットで、女性の身体について調べたり、どういった風に攻めればいいかなど勉強をしっかりして、お泊まり会当日を迎えます。

お泊まり会当日は、緊張めちゃくちゃしました。

いざそういう行為を始めるとき、どうしたらいいか頭が真っ白になってしまい、どういう風にしたらいいかわからず、めちゃくちゃ困ってしまいます。

でもまさかの感じで、相手の女性がめちゃくちゃ変態な子でした。

ここをもっと舐めてなど、ここを優しくグチャグチャしてなど手取り足取り教えてきて、その豹変ぶりにちょっとだあってなっちゃいました笑笑






誰もいない夜の河川敷で、彼女と一線を越えてしまい盛大に潮吹き

男性
(32歳男性)


私が大学生だった当時の彼女は、私と付き合うまで性的なことは一切の未経験だった。

そのため比較的どんなことでも、私がしたいことに従ってくれていたのだ。

大学生なのでお金がないときは、夜の暗くなった河川敷でイチャイチャすることがよくあった。

ある日いつもの通り誰もいない河川敷に行き、キスをし始めるとすぐに濃厚なキスになり、彼女が私のイチモツを握る。

私もお返しにと彼女のズボンとパンティーを下げて、手マンを初めた。

優しく太もも、足のつけねをフェザータッチで焦らし、徐々に毛が生い茂るオマンコに近づく。

そこで彼女の吐息が私の首筋にはしる。

私は一本指から徐々に手マンを初めて二本指に変えて手マンをしていると、感じやすい彼女は喘ぎ声を我慢出来ず。

つい声が出たその時、遠くに人影が見えたが、彼女からすると背面なので気づいていなかった。

なので私はだんだん激しくしていくと、彼女も手コキを激しくしてきたので、私はイカされてしまう。

彼女は感じてはいるが、絶頂には達していなかったので私は手マンを続ける。

夜の河川敷でよく見えないとはいえ、人に見られながら手マンをしてることに興奮を覚え、さらに手マンを続けるのだ。

彼女は「あっ…ダメ…おかしくなっちゃいそう…」と言い、野外にも関わらず潮を噴いてしまった。

お互いズボンや下着は濡れてしまったが、人がいたのでウエットティッシュでお互いの性器を拭きとる。

すぐにズボンを穿いて、何もなかったかのようにその場を立ち去ったのだ。






一向にエッチをやらせてくれない処女の彼女に最後通告!渋々手マンされる彼女のマンコはぐちょぐちょ

男性
(35歳男性)


大学生の時に付き合っていた彼女との話です。

由美(仮名)は処女でした。

だから由美と付き合い始めた当初、僕がエッチを迫っても全然ヤラせてくれません。

何度も迫ってもオマンコはもちろん、オッパイすら触らせてくれないのです。

いいかげん、子供じゃないので僕は嫌になりました。

そんなら別れるわ。僕が突き放すように由美に言うと、彼女は思い詰めたような顔で、「じゃ、どうしたらいい?」と聞き返してきたのです。

由美の言葉にこれはチャンス!と思い、「とりあえず手マンさせて」と僕は言いました。

僕の言葉にコクッと頷く由美。僕は遠慮なく由美のスカートとパンティの中に手を入れて由美に手マンをしてあげます。

流石に処女だったので、僕の手マンに由美は下を向いて必死で何かに耐えているだけでした。

でも、逆に僕にはそれがすんごくエッチに思えてきて、異常に燃えたのです。

顔では何か恥ずかしそうな感じで必死に耐えている様子でしたけれど、すぐにオマンコはグチュグチュ。

もう僕にはそれだけで十分でしたね。

そんな手マンを何回かしていた時の事。「アァァン」僕に手マンをされていた由美がとても小さな声でそんな喘ぎ声を出します。

もうマジでエロくて、僕はその場でオチンチンを出して自分でシコシコとしちゃいました。





女性なデリケートな箇所に踏み入れる手マンは、爪の処理などの清潔感を意識

男性
(37歳男性)


初めて彼女が出来て初めてのセックスとセットでしたのが手マンでした。

でも爪をきちんと切っていなかったためか、彼女のデリケートな部分傷つけてしまったのです。

そうあくまで手マンで手を入れるところは、本来手を入れるようなところではない粘膜であり大変デリケートなところなので注意が必要です。

また彼女からしても手マンされて困ってしまうこともあり、長い間されてしまうと戸惑ってしまったりするでしょう。

基本的にセックスは男性主導でするという固定観念がありますが、そうは思ってもその場で言う女性はあんまりいません。

血が出て初めて気がつくくらいです。痛みは無いとのことでした。デリケートなのでやりすぎは注意ですね。爪もしっかり切りましょう。

ちんちんをいざなうためのつなぎというのが手マンの役割、前撫と言われていますが、もちろん好きな人は好きであり、手マンだけでイキ続ける女性もいるでしょう。

ですが、手マンでイってしまったあとに、ちんちんを入れてそれ以上に絶頂するかというとそれはそれで難しい話ではあります。





彼女への「手マン」で女性を射止める40代の男たち


手マンで激しく感じる彼女に巡り合い、手マンの虜になってしまう

男性
(44歳男性)


以前に彼女とセックスをしている際に、なにげに彼女に手マンをしたところ物凄く感じていたので、それを境に彼女とセックスには手マンが必需品になりました。

最初は指の1本2本と少なめにしていましたが、彼女も私自身も徐々に慣れきた為に指の本数が増えていき、て次第に指4本を入れるようになったのです。

その頃には、彼女ももう感じまくって潮を吹いています。

ですので、それからはホテルであろうと自宅であろうと必ずもう一枚下に引くものを用意しています。

当時の彼女は本当に驚くほど潮を吹くので、ちょっと私自身引いてしまうぐらいでした。

しかし、逆にそれぐらい感じてくれる彼女はそれ以来巡り合えません。

私自身、またそれぐらいの彼女を見つけてたいとは思うのですが、なかなかそこまでの女性を見つけることはできないのです。

正直、手マンに関しては その以前にお付き合いしていた彼女と出会うまではあまり興味がなく、また手マン事態それほどすることはありませんでした。

元々、Sでは無い私がこれを手マンを機にS系が芽生えたのも事実です。


これからも勿論、お付き合いや又は遊び相手には必ず手マンをしては行かせようとは思います。

因みに、一番入る女性で拳が入るぐらいの手マンもありました。

さすがに、それは私自身ちょっと驚いたのを覚えています。





「手マン」で潮吹きさせた若き頃、前戯として「手マン」の重要さを悟る

男性
(46歳男性)


前戯では必須級のテクが手マン。

クンニと手マンでじっくりと相手を味わい、股と同時に女性の心をも開かせてから、ようやく息子の出番。

初めて女性が「潮」を吹くのを見たのは確か21歳大学生の時だ。

相手は当時付き合っていた3つ歳上のパティシエをしていた圭ちゃん。

年上の彼女とはあらゆることをしたが、初めてのセックスで手マンをしたときのこと。

今まで培ったテクを歳上の圭ちゃんに披露しようと意気込むボク。

中指と人差し指を入れ中程で少し指を曲げ膣内を刺激する。

もちろん親指でクリトリスを同時責め。

すると感じまくった圭ちゃんがオシッコを漏らした、かと思った矢先ボクの顔に噴水のようにオシッコのシャワーが降り注いだ。

潮のことをよく知らなかったボクは「だ、大丈夫?どうしたの?」と圭ちゃんに聞いた。

圭ちゃんは恥ずかしそうに「私けっこう潮吹きなんだー、驚いたよね」と快感の余韻で身体をピクつかせながら話した。

それから何度も圭ちゃんを手マンからの潮吹きで辱め喜ばせた。

あれから20数年、潮を吹かない妻とセックスの際手マンをしながら、たまに圭ちゃんを思い出すのは内緒だ。

潮と圭ちゃんと私、手マンは大切な青春時代を思い出させてくれる大切なテクだ。

手マンの魅力はやっぱり濡れ具合で女性の感度を測れること。

脇に体温計を挟む行為に似ているんじゃないか。

クンニ後、左手で乳首を愛撫し右手で手マン。

すると少しずつ女性の息遣いが荒くなり、と同時にアソコからはさらに愛液が溢れてくる。

濡れ具合は挿入後の気持ち良さに直結するから大事だ。


昔、おばさんのソープ嬢にこう言われた「赤ちゃんが出てくる大事なとこだから、とにかく優しくね」と。

AVなんかだととにかくシャカシャカ激しく手マンをするのを見るがアレはボク的にはNG。

前戯の前戯、手マンの前にはまずクンニこれが大前提だ。

じっくりクリトリスを優しく吸い上げ、アソコに舌を挿入したっぷりと唾液と愛液が混ざったら手マンのタイミング。

キスをしながら右手で手マン、または両方の乳首を味わいながらの手マン。

ここは臨機応変に対応した方がいい。手マンでの指の挿入は優しくGスポットを探りつつ。

指を1本2本と濡れ具合に応じてだが3本は少しやりすぎだ。指を軽く曲げお腹の方にある例のスポットをたっぷり刺激。

ゆっくり優しくやるのが前提だが、時には少し激しくピストンさせるのも大事。

何事もセオリー通りにはいかないので、そこは状況判断力が試される。

ビールの苦味、パクチーの香りなどと同様にクンニからの手マンのアノ味は大人へのステップなのかもしれない。





不倫相手にいつも手マン!!手マンで女性をいかせるのは最高の喜び

男性
(40歳男性)


普段手マンをするときはセックスをする際、必ず挿入前に一度は彼女をイカセてあげるように心がけています。

ただし私たちの関係としては、私も彼女も既婚者であることから不倫の関係となり、彼女と一緒に楽しむ時間にも限りがあります。

そのため、ラブホテルで手マンするより、カラオケボックスなどで一緒に飲食をしながら、アルコールもかなり効き始めたころから手マンをしてあげるケースが最近は多いです。

流れとすれば、イチャイチャから始まり、その後キスをしながら彼女からテコキやフェラを受け、手マンも同時にしてあげます。

このとき基本的には彼女を手マンで先にイカセてあげ、その後は彼女からテコキやフェラでイカセてもらって終了といった感じで、手短に済ませることが最近はほとんどです。

もう少しゆっくりした中でセックスや手マンで何度も彼女をイカせたい気持ちもありますが、最近はこういう違った場所でイカされるのも、彼女としてはかなり興奮しているみたいで結構楽しめています。

手マンで女性をイカせることは最高の幸せです。

因みに私も中高年の域に入っていますから、セックスで何回も彼女をイカセることは最近自信も無くなり、出来るだけ何度も手マンで彼女を満足させるように努力しています。

手マンをやるにあたり大事なことはいきなり指を出し入れしては駄目です。

まずは彼女のアソコを濡らす行為が先ですから、クリの周辺部から優しく弄り続け、彼女の反応を確かめながら、更なる興奮を求め始めたころクンニでクリを優しく舌先で舐めてあげます。

大概ここで濡れ始めますが、ここで指を第一関節ほどまで優しく入れながら出し入れをおこない、ケースによっては2本、3本と増やしていくのです。

ここでも彼女の表情を見ながら次のステップに入るレベルに達したころ、人差し指の第一関節を上に向けながら刺激を与え、この辺りから徐々に激しく動かしてあげます。

またケースには寄りますが、同時に片方の手で乳首を摘まんであげたりとか、クリを擦ってあげたり、或いは舌先でクリトリスを同時に責めてあげながら手マンをやると、彼女の興奮もさらに高まり何度も手マンでイカせることが可能です。






彼女への「手マン」はお手のものである50代の男たち


彼女との関係性や気持ちを重要視することで、手マンで女性を喜ばせることができる

男性
(50歳男性)


彼女に手まんをする時には、かなり彼氏彼女の関係にならないと、気持ちよさを感じることができないです。

彼女に手まんをする時は服の上から、パンティの上からパンティの中に手を入れて手まん、下着をすべて脱がせて手まんするなどあります。

彼女に言わせるとちゃんと濡れてないと、痛みを感じることがあるそうです。

男性はいきなりあそこに手を入れたい方も多いですが、彼女の気持ちになって手マンをしてあげるといいでしょう。

セックスの経験が少ない方はやり方を知らない方もいます。

エッチなビデオを見て手マンを覚える方もいますが、AV女優と男優なので、きちんとしたテクニックを知っているために行ってます。

ただ指を入れただけでは彼女は気持ちよくならないので、セックスの時に指を入れた時、彼女に「気持ちい場所教えて」と言って、気持ちい場所をせめてあげると喜びます。


強引に指を入れて子宮を突っつくと子宮はデリケートなので、出血してしまうこともありますので、注意が必要です。





コメント

  1. Good post. I learn something new and challenging on blogs I stumbleupon everyday. Its always useful to read articles from other writers and use something from their web sites.

タイトルとURLをコピーしました