【必ずハマる】男をチンぐり返しさせて射精させる「セルフ顔射」の魅力と極意



男性が女性からチンぐり返しの格好をさせられ、そのまま自らの顔に射精することをセルフ顔射と呼ぶ。

一般的なセックスではすることのない「チンぐり返し」で、アナルからチンコの裏筋までが丸見えの状態は最高に屈辱的な格好だ。

さらにチンくり返しから自分の顔に精液をかける情けなさは、男性のМ本能を呼び起こさせ最高に興奮することだろう。

まさにセルフ顔射は普通のセックスに飽きたカップルや、Ⅿ気のある男性にはピッタリである。

一度やったらハマること間違いなしのセルフ顔射で、未知なる非日常を体感してみるのはいかがでしょうか?

女性にセルフ顔射させられた男たち


チンぐり返しによる辱めと顔射による情けなさが興奮を増幅させる



男性
(34歳男性)


出会い系で知り合った5つ年上のおねぇさんに連れられてラブホに入った。

お互い会社帰りでお姉さんもスーツを着ていたが、入るや否やまさぐるように股間を求めてきて即尺が始まったのだ。

あれよあれよと脱がされて、身体中を丁寧に舐め回される。

そしておもむろにぼくの下半身をぐるっとあげて、ちんグリ返しにされてしまう。

はじめてのちんグリ返しにとても恥ずかしい気持ちと同時に、すっごく興奮したのを今でも覚えている。

ちんグリ返しをしながら、まずはアナルを舐められた。

お姉さんの舌をねじ込むようにアナルを舐められ、次に優しく中指が入ってきて優しく掻き回されたのだ。

はじめての前立腺に身体中が興奮したのを覚えている。

そして次はちんぽ。

アナルを指で触ったまま亀頭を咥え込む。

唾でぐちょぐちょにされたチンコを丁寧にほうばる姿が、ちんグリ返しによって丸見えになっており、興奮度が増す。

その体制のまま手コキをかいしされ、我慢出来ずそのまま自分の顔に発射。


セルフ顔射される醍醐味は、大きくわけて2つあるだろう。

1つは、ちんグリ返しによる辱めである。

辱められることにより、通常では味わえない興奮が感じられるのだ。

普段の彼女や妻とはできないことでも、セフレとならちんグリ返しをしてしまえば歯止めが利かない。

もっともっと恥ずかしいことを求めて、露出やら聖水やら様々なプレイを楽しむきっかけとなるだろう。

また2つめの醍醐味は、情けなさである。

本来「顔射」は女性にするのがメジャーだが、あえて自分に向けて顔射することで、情けない気持ちになるのだ。

その情けなさがものすごい興奮につながっている。

完全にこの女性にぼくの性は支配されているんだ、もう僕はこの女性の性奴隷なんだといった感情が生まれて、情けなさと共に大きな興奮を生むだろう。

さすがに自分の精子を飲んだことはないが、飲むことを強要され、自ら飲むようなことになった場合、更なるステージに立てることになるのかもしれない。





一人でセルフ顔射した男たち


湯船でセルフ顔射してゴックン。女の子の気分を味わう



男性
(25歳男性)


当時好奇心旺盛な中学生だった自分は、顔射される女の気分を味わってみたくなったのだ。

そして風呂の時間になった。

体そして頭を洗い、面倒なことは全部先に済ませて湯船に浸かりながらHな妄想を巡らせたのだ。

竿が勃起してきたところでいよいよ挑戦に移る。

洗い場のウレタン製のバスマットの上に仰向けになった。

ゆっくりと両足を持ち上げ、真上から顔の向こうまで倒した。

そのまま股を大きく開くとお尻がグイッと持ち上がったのだ。

尻が天井を向いて勃起した竿が目の前まで迫った。

そのままの体位でチンコをしごき始める。

普段、正常位でやってるオナニーとはまた違う気分のオナニーになった。

しかもこの体位だとチンコをしごく反動で、両足の太ももで両方の乳首がちょうどいい加減で刺激される。

それに加えてチンコへの刺激の3点責め効果で、気持ちよくてたまらなくなってしまった。

普段とは全く違う変態的なオナニー、誰の目も気にせずそれに没頭できる何ともいえない解放感。

声にならない声を上げながら思わず口を開いた。

目の前で勃起した自分の竿も見る余裕もなく、目を閉じ射精したのだ。

チンぐり返しの姿勢になったとき、普段とは違う景色が目の前に広がる。

普通は見えないペニスの裏筋側を正面から見ることになるのだ。

しかも目の前わずか15センチほどに迫ったペニスは非常に大きく見え、自分のものとは思えない凄味がある。

睾丸も重みで垂れ下がり、会陰にかけて普段は見ることのない部分が露わになるのだ。

金玉ってこんなにエロかったのかと再認識するだろう。


射精直前になると亀頭はテカテカに張り詰め、尿道口から先走りがあふれてヌメヌメと光っている。

そのいやらしさはたとえようもなく、どんなネタも必要としない。

目の前の自分のペニスを眺めているだけで最高に興奮するのだ。

いよいよ射精が始まると、目の前を白い粘液が滴り落ちていくのを見ることになる。

そして次の瞬間、舌の上に温かい感触が広がる。

精液を温かいまま飲めるのはこの方法しかない。

その温かさがいかにも自分の体の中から出てきたという実感があり、幸せな気分になれるのだ。

尿道口から口の中までわずか数センチ、無数の精子達は射精された瞬間に自分の口の中に飛び込み、胃の中へ入っていく。

そして再び自分の体の一部となるのだ。

オーガズムからごっくんまで直結しているのがチンぐり返しの魅力である。

もちろんセルフフェラができればそれが最高だが、ほとんどの人にはできないことなのでセルフフェラの疑似体験としては最適な方法なのだ。





する側からされる側になるセルフ顔射で虚しさを痛感



男性
(52歳男性)


お風呂に入る前に、どんなものか味わいたくてセルフ顔射しました。

ちんぐり返しは体勢が苦しいので、最初からはしていません。

布団の上で普通にオナニーをして、いきそうになったらちんぐり返しの姿勢になります。

顔の近くにペニスがあるので外すことはありません。

女性から見ると、こんな感じに映るのかと思ってしまいます。

精子が出る瞬間は目は閉じています。

なぜなら目に入るとやけどしたみたいに熱いと聞いたことがあるからです。

たくさん放出してるのが自分でもわかり、鏡を見てしまいます。

顔中に飛び散った精子は、なぜか虚しさを感じますが女性はこんな気持ちなのかと気づかされます。

決して痛みはありませんが、女性からみれば屈辱を受けた感じになるのでしょう。

圧力が加わると熱いですが、普通に出せばほどよく温かいです。

髪の毛につくと面倒なので、その後はシャワーで洗い流すことを勧めます。

コラーゲンたっぷりなので肌に良いのもわかっています。

精子は体で唯一無菌なので、顔射してもいいかなと思ってしまいました。

する側からされる側になるので不思議な気持ちです。


かつては思いつかなかったのですが、AV男優が顔にかけていたのを見て挑戦することになります。

浴槽の中では、体が柔らかくなるので、自らフェラチオすることができます。

自分で自分のペニスをしゃぶっていると、やはり虚しさが宿ってしまい、何をしてるのだと思ってしまいます。

味は変なものでしたが、精子はでませんでした。

セルフ顔射は、ベットでするのが理想です。

枕元にタオルをおいて、飛び散っても大丈夫なようにセットします。

ペニスを調整しながら、顔のあちこちにぶっかけることで達成感を味わえます。

女性は顔にかけられるのがあまり好きではないので、自分でするのなら誰も傷つきません。

してやったりと勝ち誇った気分になるのが顔射なので、自分もぶっかけられた屈辱を味わうことができます。

目元よりも口元に出すのが醍醐味です。





普通のオナニーでは満足できず、セルフ顔射で自分の顔にぶっかける



男性
(44歳男性)


オナニーだけでは物足りなくなったので、自らちんぐり返しをしてセルフ顔射をします。

私は自身を変態と思っており、ちんぐり返しをしてセルフ顔射を始めたのは最近の話ではなく32歳の頃からです。

当時恋人もいてセックスもしていましたし、10代の頃からも恋人は入れ替わり立ち替わりでいてセックスする事に関しては他人よりもズバ抜けていました。

しかしです。

これまでにセックスしてきた女性は計586人(恋人意外も含め)ですが、セックス自体に飽きてしまいオナニーに力を入れるようになってしまいます。

これまでに恋人に見てもらいながらのオナニーや、公園のベンチでのオナニーや、アナルにバイブを挿入しながらのオナニー等様々なオナニーをしてきました。

しかし人間というのは愚かな生物です。

こうした様々なオナニーをしているうちに物足りなくなり、自身の精液を自身にぶっかけたいという欲求が発生してしまうのです。

私はぶっかけたいという衝動にかられ自らちんぐり返しをして、セルフ顔射や口内に精液が入るように工夫したりしてセルフ顔射を現在も最低月に4回は楽しんでいます。

セルフをする醍醐味は、自身の顔に精液をぶっかける爽快感や女性が男性にどのような気持ちで精液をぶっかけられてるかが分かる事です。

私は変態歴が20年強なので、ノーマルのセックスやオナニーが好きという方には理解出来ないかも知れません。

私くらいの変態になると自身の精液で自身の顔や身体を汚す事が非常に快感なのです。

現在も結婚はしておらず独身ですが恋人はいます。

恋人とのセックスも変態プレイしかしませんが、変態的なセックスやオナニーじゃないと勃起せずセックスもオナニーも出来ない身体になってしまったのです。

自らちんぐり返しでセルフ口内発射も工夫の末に成功させました。

自身の精液を口に含んだ事のある男性ならば分かると思いますが、精液は非常に苦いです。

口腔内ではさほどネバネバ感は無くなります。

私はこれまでに何人もの女性に顔射を行ってきましたが、今では女性の顔にぶっかけても興奮はせず、射精するなら絶対に自身の顔にぶっかけたいのです。

近頃では他人の男性に自身の顔に精液をぶっかけてもらいたいと考えております。

どうにかSNSでそうした事に協力してくれる男性はいないかと探したいです。

最後になりますが、人間は常に高みを目指したほうが良いのでしょう。

私はこの先もちんぐり返しでのセルフ顔射だけに留まらず、私にしか出来ない最強のオナニーを発明して行きたいと思っています。





風俗嬢にセルフ顔射させられた男たち


セルフ顔射で自分の精子をかけられ、M心がうずいてすぐに勃起



男性
(42歳男性)


いわゆるM性感型の風俗に行ったときに、痴女系の風俗嬢にセルフ顔射してもらいました。

アナル責も合わせた形のちんぐり返しの体勢にされて、手は拘束されます。

相手の風俗嬢は綺麗系の黒髪ロングで白い肌の美人女子大生で、冷たい感じの責めタイプでした。

ローションを使ってアナルに指入れされながら乱暴な手コキをされて、我慢する間もなくイカされます。

興奮していたため、大量の射精をして図らずもセルフ顔射してしまうのです。

初めてだったので衝撃的でしたが、かなり粘っこい自分の精子に嫌悪感を感じると同時に、M心がうずいて再びすぐに勃起してしまいます。

その風俗嬢の子もそんなにすぐに射精するとは思わなかったらしく、一瞬「ごめんなさい」と言いかけたようです。

それでも開き直ったのか、顔を精子まみれになったこちらの顔に寄せてきて、匂いを嗅いであざ笑うように「くっさ、きもっ!」と罵ってくれます。

精子に塗れた顔の感触は最悪でしたが、最高でした。


M気質が強いので、とりあえず女性に責められることが好きなのです。

セルフ顔射はちょっと特殊な感じではありました。

相手の女性から様々な責めを受ける中で、相手女性のオシッコや股間をこすり付けられるなど、相手の体液などを受けるものは、特に抵抗もなかったです。

いわゆる相手の放尿を顔で受ける「聖水プレイ」や、相手女性にこちらの顔に股間をこすり付けてもらう「顔面騎乗」などのプレーです。

しかし「セルフ顔射」は自分の体液、それも精子を顔に浴びるわけで、初めての時は抵抗がありました。

それでも相手女性との関係性の中で、またプレイの中で行われると興奮する自分もいます。

精子そのものに対する感覚は嫌悪感しかありませんが、それを浴びている自分への情けなさ、不甲斐なさといった感情が、逆に背徳感を高めてくれるのかもしれません。

相手女性との関係性という意味では、こんな恥ずかしい姿や情けない姿を見られているという他の誰も知らない姿を相手には知ってもらえているという秘密な感じもよかったです。





あわせて読みたい

・みんなの童貞卒業体験談。「私昨日、童貞を卒業しました」
・誰もが一度は憧れる「スワッピング」「複数プレー」体験談
・理想の「クンニ」、100人の女性が語る生々しいクンニのテクニック
・実話!カーセックス体験談で学ぶカーセックスの極意
・壮絶体験!「やりマン」「やりチン」とのセックスに大興奮
・見えそうで見えないエロさ!「パンチラ」は好きですか?
・どうしても「ムラムラする」!100人に聞いた!「セックスしたい」と感じる瞬間
・「手コキ」で絶頂!挿入より気持ちい「手コキ」の魅力とテクニック
・【中出し派?外だし派?】徹底調査!セックスの「中出し」の驚愕の真実!
・【意外に多い】「パイズリ」がやめられない!爆乳女性からパイズリされ、パイズリ依存症になる人々
・意外に重要!「手マン」を極めれば夜の営みが充実!100人に聞いた手マンの実体験
・【耳をふさぎたくなる真実】理想のペニスのサイズの真相!やっぱりチンコのサイズって重要?巨根は本当にモテるのか?
・【100人の女性が暴露】童貞は何歳までなら許せるか?「中年童貞」や「生涯童貞」になる前に知っておきたい女性の本音
・クンニ好きな男の本音。エロいクンニで潮吹き!クンニを極めれば女性を虜にできる
・騎乗位は好きですか?セックスの定番体位「騎乗位」の魅力と極意に迫る
・メッチャきもちい!対面座位の魅力と極意を暴露!対面座位で深まる男女の真の愛情
・トイレでセックスしたい!?狭い密室で大興奮!トイレエッチの魅力とやり方
・素人童貞ってあり?風俗で童貞卒業した男たち
・【快感と興奮】金蹴りにハマる女性たち!!金蹴りしたい?金蹴りされたい?
・強烈な羞恥心で大興奮!剃毛プレイの魅力と極意!剃毛プレイでパイパンやパイチンになった時
・【足コキしたい女、足コキされたい男】足コキ体験談でわかる足コキのやり方と足コキの魅力
・「やりチン」とのセックスってどうなの?「やりチン」の特徴と見分け方

コメント

タイトルとURLをコピーしました