知らないだけで大損☆後ろからの手マンで夜を盛り上げる、想像以上にエロい手マンのやり方



手で女性のマンコを愛撫して指を入れる「手マン」は、男女のセックスで頻繁に用いられる技の一つだ。

前戯の定番でもあると同時に、手マン自体をメインの行為として楽しんでしまうカップルも少なくないだろう。

ただ女性器に指を入れるだけの手マンと言えども、意外に奥が深い。

指の入れ方やタイミング、動かし方や動かす速度など下手なやり方をしては女性の満足度は大幅に低下するだろう。

ここでは、手マンが大好きだったり、自信やこだわりのある人々に手マンについて赤裸々に語ってもらおう。



30代男性が語る、後ろからの「手マン」


後ろから女性を抱え込みながら、密着した状態で手マンできる



男性
(34歳男性)


私の好きな手マンの1つに後ろから手マンする方法があります。

実際に私がこれをやるときは、セフレなどとする場合よりかは本命の女性に対して手マンをする時です。

この手マンは、後から抱きつきながら手マンをします。

後ろから抱きついてしっかりと体をホールドするのです。

抱きついてバックをしたり、立ちバックのような姿勢を想像してもらえると良いでしょう。

そして相手の女性の前の方、お腹の方を這わせて股間に手のひらを密着させます。

そして指は鉄棒を掴むような形にして、股間の中にいれて手マンをします。


ポイントは、相手を征服しているかのようなバックの姿勢で、ギュッと好きなだけ強く密着するができて、密着したまま手マンができるという点です。

Mの女性やバックが好きな女性にも好まれます。強く抱きしめられる事で愛情を感じやすい方も多いのではないでしょうか。

このやり方の派生として、ただ単に手マンをするだけではなく、バックをしているかのように腰を振って手マンに勢いをつけのです。

逆の手で胸を揉みしだいたり、指を口に入れて擬似的なフェラをさせたりする事ができるので、自由度とソフトSMを楽しめる手マンになります。





手マンが好きでない人には逆に最適なのが後ろからの手マン

男性
(37歳男性)


手マンと一言に行っても色々あるので、私が一番好きな、女性からしたら後ろからの手マンについて語ります。

抱き合った状態で寝て、その状態で手をマンコに持っていく感じです。

もちろん手マンが苦手な人も好きな人もいるでしょう。

あんまり手マンが好きじゃない女性に、なんとか流れの中で手マンにもってくとしたら後ろからの手マンが最適です。

抱き合いながらこっそりお尻側から手マンします。密着すればするほど手マンは難しいです。

曲げられない方向には曲げる事ができませんし、そのまま継続すると男性側の手が痛くなります。腱鞘炎ですね。

痛みを堪えながらも女性に尽くす、これが、セックスであり手マンであると言えます。

もちろん上手な人は手マンで怪我するなどありえない話ではあると思います。

ただ手マンは、いわゆる前撫であり、それだけに固執するものではないでしょう。

大切なことは女性のあそこにチンチンを入れるための導入部分であり架け橋なので、やりすぎは良くないです。お互いに負担にならない程度にすることが大切と思います。



恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。
新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?



無防備なバックからの手マンは、支配欲が満たされSにはたまらない

男性
(38歳男性)


私は少しSっ気があり、バックからの姿は完全に無防備で、恥ずかしいと言われると余生に興奮して虐めたくなります。

バックから手マンをしながらアナルを舐めるのが好きで、今まで関係を持った女性は100%愛撫のルーティンをしています。

今までの女性の中には激しくすると脱糞してしまう方がいました。

完全にその方とはセフレだけの関係ではありましたが、歴代最強のドMの方で4年ほど関係を持ちました。

彼女は別にいましたが、どうしてもすべてをさらけ出せなかった私はセフレに私の性癖のありとあらゆる願望をぶつけ、それに答えてくれる方がいて幸いです。

混浴のお風呂に入るのが目当てで旅行に行き、そこで潮を吹かせたこともありました。

中には気づいていた人もいたと思うのですが、背面手マンをして吹いていました。

今思えばバックでの手マンはその人を支配している感覚にあり、その支配感に快感を私は覚えていたのかも知れません。

今後は前文であったのですが、パイパンのバック手マンさせてくれる方を探し続けます。





40代男性が語る、後ろからの「手マン」


四つん這いにして後ろからの手マンで、恥じらいを捨てて喘ぎまくるセフレ

男性
(44歳男性)


セフレとシャワーを浴びていた時、あまりにもお尻がエロかったので壁に手をつかせてバックから激しい手マンで責めました。

お尻がプルンプルン揺れて普段の手マンよりエロく感じたのです。

良く見るとアナルがヒクヒクしており感じているのが良く判ります。

激しく手マンするとマン汁が漏れ出して手がびしょ濡れになりました。

もっとバックから責めたくなったので四つん這いにして手マンを再開します。

今度は腰をクネクネさせて絶頂を繰り返すのです。

バックからだとアナル側に指を押し当てやすいので、いつもと違った快感が楽しめるようです。

背後から胸を鷲掴みにも出来るので凌辱感を与える事も出来ます。

耳元と淫語をたっぷり囁いてあげると興奮するようで大喜びしてくれました。

お尻をたっぷり撫でまわして尻コキしながら手マンする事も出来ます。

尻フェチとしては後ろからの手マンが一番楽しいですね。

普段セックス中になかなか見ることが無い背中の美しさも堪能できます。


顔が見えないせいか恥じらいを捨てて乱れまくるので女性も大喜びです。





後ろから手マンでイクまで攻め続け、女性を性奴隷にすることに成功

男性
(45歳男性)


私は日頃から女性とセックスする際には必ず手マンから始まるのですが、時折後ろから手マンすることがあります。

以前にたまたま後ろから手マンする機会があり、その時初めてしたのがきっかけでした。

ホテルでシャワーに一緒に入ってはイチャついている時に、後ろからお尻を触った延長上手を伸ばして手マンしたのです。

すると、その女性が想像以上に感じ始めたので、私はここぞとばかりに責め立てたのでした。

気が付けば、私は女性がいくまで手マンを続けたのです。

基本的に私は女のイク姿、顔が大好きなのです。

その為、一度始めたら最後まで辞めれなくなります。

ですので、その時もシャワーで後ろから手マンしては辞めれなくなりイクまでしたのでした。

その後、再びベッドでももう一回後ろから手マンすることにはまったのです。

勿論、女性もそれを好んでは欲していたのでした。

その後は、もうこちらのペースで何でもやってくれるので楽でした。

手マンは、後の性奴隷にするには最高の武器だと思います。





50代男性が語る、後ろからの「手マン」


後ろから攻めることでマンコと同時にアナルも攻めることができるので、女性をイかせやすい

男性
(50歳男性)


後ろから手まんをすると、アナルも同時に責めることができるので、女性を連続でイかすことができます。

アナルに指を入れるのが嫌な女性もいますので、入れる時には女性に了解を得てから2点責めするといいでしょう。

マンコだけを手マンしてもいいですが、何回もしていると女性は物足りなさを感じる時があります。

その時にアナルも責めてあげるとイク時にアナルのきゅっと締ります。

膣は閉まるのは知っていると思いますが、アナルも同時に責めることで気持ちよさは倍増するのです。


アナルに入れる時は指に指サックをしてから入れないと、アナルを傷つけてしまうこともあるので注意が必要です。

69をしている時にそれを行うことで連続イかせすることもできます。

男性が先にイってしまうと、アナルも責めることができなくなります。

最初はマンコだけを手マンして、感じてきたと思ったらアナルにも指を入れて2点責めするとセックスも十分に楽しむことができるでしょう。





鑑の前で全裸姿を映しながら、後ろから手マンで攻め続けると普通に立ってることも困難に

男性
(52歳男性)


手マン星人の僕は、彼女とエッチをしている際、大きな鏡の前に全裸の彼女を立たせて、後ろから手を回して手マンをするのが大好きです。

鏡越しに彼女の顔を見ながら手マンをします。

その時、オマンコのいろんなところを手マンして彼女の反応を確かめるのですが、反応の良い所は集中的に指で攻めるのです。

なんか鏡に写った全裸で、かつ手マンをされてよがっている彼女の顔を見ながらするのってすごくエロくて興奮します。

右手で手マンをして、左手でおっぱいを鷲掴み。

そして僕の方に顔を向けてきた彼女にベロを異常なまでに絡ませたキスをするともう僕のオチンチンもフルボッキ状態。

手マンをしている僕に彼女の方もおちんちんを握って手コキをしてくれます。

お互いメチャクチャ感じちゃってきて、普通に立っている事が出来なくなりました。


だんだんと彼女の腰が落ちて来て、僕はそれを手マンをしている手で支えながら彼女を攻めます。

アァァン、ンハァ、もうらめぇと彼女が喘ぎます。やっぱり後ろからの手マンってエロくて最高です。





20代女性が語る、後ろからの「手マン」


後ろから手マンされるとイきやすく、痛みも感じにくい

女性
(40歳女性)


沢山のプレイがある中で、実際にやったのが後ろから手マンを行うものでした。

ただ後ろからするだけではなく、四つん這いになって手マンをされたのです。

四つん這いになることで相手から見えやすく、入りやすくなるので、早さや動きを変えられてすると、なんともいえない気持ち良さに襲われすぐにイってしまいます。

またクリトリスをその態勢で触られると、腰が勝手に動いて知らない間にいってしまうのです。

それにお互いのテンションも上がるため、とても変わった体位とかではないですが、気軽に楽しめてお互い幸せになれるのではないでしょうか。

たまに痛いという方がいますが、後ろから手マンすることで、より痛みが軽減し気持ち良さを味わえるはずです。

またより気持ち良くする為に、ローションを使うこともあります。

入れたり出したりしやすくなるぶん、摩擦も減るので、苦手な方は試してみるのもありでしょう。

子宮に沿って指が入るので、後ろからの手マンは普通のやつに比べてもっと気持ちが良いです。





40代女性が語る、後ろからの「手マン」


旦那と喧嘩をしても後ろから手マンされて感じまくる私

女性
(40歳女性)


私の旦那は私と喧嘩した時の仲直りの方法はセックスだと思っているようです。

喧嘩をして私が怒っていると、いきなり後ろからズボンやスカートに手を入れてパンツの上からがっつりクリトリスあたりをさすってきてきます。

私は怒っているのでその場から離れようとしますが、彼の左手で捕まれ身動きが取れない状態になり、そのまま右手はパンツの中まで入ってきて手マンが開始。

無理やりされているのも気持ちが高ぶり、私は感じてしまって「やめてって~」と言いながらも体をくねくねしながらよがってしまいます。

すると旦那はいい気になってどんどん私の好きなスポットをいじりまくるのです。

そして一旦手を止めて、私のモノでべちょべちょになった手を見せてきて「感じまくってんじゃん」と嬉しそうに言うのです。

私は喧嘩のことなど忘れて「いいから続けてよ」とキスもねだります。

キスをビチョビチョいわしながら、後ろから手マンをされるのが私は大好きなのです。

旦那もそれを知っているのでいくら私が怒っていても後ろから手マンをしかかてくるのです。手マンだけで2回はイってしまいます。





コメント

タイトルとURLをコピーしました