アナルクンニで到達する新たな境地☆知らない人は絶対損するアナルクンニで感じる最高の快感



女性器を舌で愛撫するクンニは、男女のセックスにおいて女性を気持ちよくさせる最高の愛撫である。

それでも拙いクンニテクニックやムード作りが下手だと、クンニの威力も半減してしまう。

本能のまま欲望でクンニに没頭するのもいいだろう。

しかしやはり女性が喜び、セックスの盛り上がるクンニのやり方を身につけて損はない。

ここではクンニ自慢男性にクンニのテクニックや魅力を実体験をもとに赤裸々に語ってもらおう。

そうすれば、あなたのクンニで女性を虜に出来るだろう。

アナルクンニで覚醒する20代の男たち


女性の股を広げ、アナルの匂いを愛おしく感じるほどのクンニを堪能

男性
(29歳男性)


私はクンニが大好きです。アソコを舐めるのはもちろんですが、特にアナルを舐めるのが1番好きで興奮します。

ほとんどの人はアソコを舐めるだけで終わるんじゃないんでしょうか?

アナルなんて舐められたことなんて無いって女性が多いのでは無いですか?

だからこそ、反応が大きくて興奮するのです。

特にシックスナインでのアナル舐めは最高。

ただしいきなりシックスナインにしても興奮は半分くらいです。

ではどのようにしていくのか?

初めは四つん這いにさせて女性のお尻をしっかりと揉みながら、鼻を割れ目に挟んでアナルの匂いをしっかりと堪能します。

この時いきなりやってみて、女性の反応をみるのです。

臭いからとか汚いからとか言うと思いますが、〜の匂いがすると感想を伝えて恥らわせていきます。

そうするとアナルがヒクヒクしたり、アソコから汁が溢れている様子が見えてくるのです。

そこで四つん這いになった女性の足を広げ、自分の足を入れて仰向けですかさず潜り込みます。目の前にはむき出しのアソコとアナルが。

でも、まだまだ匂いを楽しみます。

アナルを広げると匂いが一段と匂いがまして、愛おしくなるでしょう。

もうこうなったら我慢できずにアナルに舌をねじ込んでしまいます。

中に何が入っていようが構いません。ただひたすら中を舐め尽くすことに専念するのです。






アナルクンニで快楽の境地を知る40代の男たち


AV男優の吉村卓の影響で綺麗なアナルをクンニするのが最高だ

男性
(49歳男性)


アナルクンニが好きですが、残念ながらスカトロに興味があるわけではありません。

ですから女の人に必ずするものでもないです。

きっかけはAV男優の吉村卓のバッククンニは、いつもアナルクンニのような気がします。

これは見ていて興奮しましたし、またまた必ずやろうと思ってました。

ただこればかりは匂う娘や痔の娘がいるんですよ。その時は完全にハズレ。

その逆にめちゃくちゃ綺麗な子がいるんですよ。アナルが。

それがさっき話したヘルス嬢が抜群にシルエットからアナルから綺麗でしたね。だから持ち時間の半分以上は尻に埋もれていました。


ある時嬢に「お客さんみんなに尻触られたり舐められたりするでしょ」って聞いたら「お客さんだけ」と言われたのがちょっとショックでしたけど。

ただ「嫌いじゃない。ちょっと病みつきになる」と言われたのが印象的です。

アナルクンニも風俗嬢は簡単にできますが、プライベートは経験がありません。さすがに変態扱いされるということです。





アナルクンニで快楽の境地を極める50代の男たち


アナルをクンニしながらのクリトリスへの2点攻めで興奮倍増

男性
(50歳男性)


アナルが好きな女性にアナル舐めをしてあげたら、舐めるだけでイってしまうことがあります。

私がアナル好きで、女性のアナルにも興味を持っていたので、まん繰り返しして舐めてあげらすごく感じてくれたのです。

私も興奮してしまいマンコに指入れしながら、アナルをクンニしました。

するとすぐにイキそうといってイってしまいます。

マンコは感じる女性は多いですが、アナルを舐められると嫌がる女性がいますので、すべてにおいてアナルが感じることはないです。

アナルは汚いと思い込まれてる方も多いですが、女性のアナルは綺麗なので、舐めても私は抵抗ありません。

まん繰り返ししてアナルにつばをたらすと、アナルに入っていくことに興奮します。

女性もアナルを舐めてるところを見れるので、女性も興奮させたい時にはまん繰り返ししてクンニしてあげることをおすすめします。

女性は穴が2つありますので、アナルをクンニしながらクリトリスに指入れしてあげると快感も倍増するそうです。






排泄物の通り道であるアナルも、一度舐めると癖になってしまう女性が多発

男性
(50歳男性)


私はお尻フェチなので、女性が良ければアナルをクンニしてあげることもできます。

女性は骨盤が開いていることが多いので、お尻を突き出してもらえば自然とアナルが舐めやすくなるまでお尻が開くのです。

正常位だとマンコの下にあることから、舐めくさがありますので、四つん這いになってもらってお尻を突き出して頭をベッドにつけてもらうことで、すごくクンニしやすくなります。

アナルは排泄物を出すところなので、女性でも臭いにおいがする場合もあるのです。

よだれをアナルに垂らしてあげると、臭くても好きな女性のアナルならクンニしてあげられます。

アナルが初めての女性だと抵抗があるかもしれませんが、一度経験すると癖になってまたアナルをクンニしてもらいたいと思うようになるのです。

アナルの周りから責めていき、女性をじらすテクニックを覚えると、女性は早く舐めてほしいと思うようになります。


舌先をとがらせてアナルの中に入れることで、女性は舌がアナルに入っている感覚になるようです。

アナル好きな女性にはアナルを入念に責めていってもらいたいです。





アナルクンニされて人生の幸せを初めて知る20代女性


バックでセックス中に、何を思ったか相手の男性からアナルを舐められ感じてしまう

女性
(22歳女性)


私は特にアブノーマルな性癖もなく普通の女子大生でした。

性に関する知識はほどほどで経験も片手で数えられる程度の男性としかしておらず、夜遊びをしても眠くなったら家に帰るような普通の女性です。

しかし普通だと思っていた私にも少しだけ世間一般の人はあまりない経験があります。

それがアナルでの行為です。

私自身少しだけ感度がよく、よく男性からは面白いほどいい反応をします。

私の人生で1人だけ信頼のできる男性と行為をした際に、たまたまその男性がお尻を見るのが好きだという嗜好があり、バックの体制でセックスしていました。

その時に何を思ったのか、彼は徐に私のお尻の穴を舐め始めたのです。

意中の異性にこんな恥ずかしい体勢でこんな場所とも思いましたし、お風呂には入っていたものの念入りに洗っていたわけではありません。

流石にうんちはついていないとは思いたいですが、実際にはわかりません。

初めはものすごい抵抗しました。

しかし舐められているうちにどんどん感覚が研ぎ澄まされていき、次第に気持ち良くなってしまいます。

従来のクリトリスや乳首とはまた違って、何とも言えない快感が押し寄せてきて今では少し求めている自分もいます。

お尻は菌などの問題で私もお相手の男性も病気などの危険性もあるためお勧めはしません。

それでも私は感度がいいぞという方は是非開発されてみてはいかがでしょうか。









コメント

タイトルとURLをコピーしました