パイズリするならローションを使いこなそう☆てかてかローションで加速するパイズリの威力



男性器(チンコ)をおっぱいで挟んでピンスト運動を行うパイズリは、特に男性にファンが多い。

巨乳の女性ならチンコも挟みやすく、視覚的にもシチュエーションも最高にエロいのが特徴だ。

一度やってみるとハマる人も多いパイズリだが、なかなかやる機会のない人も多いだろう。

またパイズリをするにも「どうしたらいいかわからな」「なんてお願いしたらいいかわからない」との悩みを持つ人もいるはずだ。

他の人は、どんなシチュエーションでどんなパイズリをしてもらい、どんな感覚に陥ったのかなかなか知る機会もないだろう。

ここではパイズリを経験した人々の赤裸々な体験談を惜しみなく公開しよう。

パイズリであなたの性生活をもっと充実したものにしてほしい。



ローションパイズリで輝く30代の女性たち


胸の谷間にローションを垂らし、男を焦らしながら射精へと導く快感

女性
(37歳女性)


ローションを手のひらの上でしばらく温め、体温で程よく生暖かくなったら、胸の谷間にタラタラとたらして、手でゆっくりゆっくり胸全体に延ばして…。

ベッドの上に裸で立っている男性の腰に抱きつく。

ガチガチに固くなって、そそりたつペニスをローションでヌルヌルになった胸に挟んで上下に動かす。

ゆっくり、ゆっくり動かすのだ。

クチュクチュっと、いやらしい音がして、男性の吐息が徐々に大きくなっていく。

「あっ、それ気持ちいい。」
「ん〜、先っぽ気持ちいいの?」

我慢汁がローションに混ざり、ますますヌルヌルになっていく。

先っぽまで、胸にしっかり挟んで上下にこすると、男性の足がガクっとなる。


何度もそれを繰り返すと、男性はビクビクと反応する。

その反応が面白くて、私はもっと見たくて、わざと途中でパイズリを辞めてしまう。

そして上目遣いで見つめ、「どうしてほしい?」と聞く。

「その綺麗なおっぱいでいかせて下さい。」

男性は、私の乳首を指先で優しくつまんでお願いしてきた。

私はまたペニスを胸に挟んで、しっかりとこすりつけたのだ。

しばらくすると、彼は生暖かい白いものを先っぽから溢れさせた。





ローションパイズリで際立つ30代男の内なる性欲


ローションで視覚的な効果と肉体的な快楽の絶妙な融合を演出

男性
(30歳男性)


私はローションパイズリの経験がありません。

ただ今までの経験からすると、ローションがなければパイズリによる性的快感を最大限得ることは難しいと考えます。

パイズリは視覚的に得る快楽の部分が多く、実際に肉体で得る快楽と差があると実体験も踏まえて感じるところです。

私の経験したパイズリはローションなどは使っておらず、パートナーが好意で行ってくれたものなので、特に口を出すことなく終えました。

そこにローションがあれば、おそらく視覚的なものと肉体的な快楽と相まって、二人が満足のいく性行為になるでしょう。

ローションが無ければ、最悪の場合、その行為が不快に感じてしまう恐れもあります。

女性も恥じらいを我慢してしてくれる行為であるため、最大限の快楽を得るべきです。


そこでローションを使う事で、二人の行為が大きな愛情を生み出し、満足のいく時間を共有できるでしょう。

自宅では難しいが、時間を確保してホテルなどを利用すれば、この行為が可能ではないでしょうか?



恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。
新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?



ローションパイズリでそそり立つ40代男の欲望


パイズリにローションは必須で、同時にフェラもするとエロさ増大

男性
(48歳男性)


10年ほど前、不倫していた会社の後輩の女性にホテルでパイズリしてもらいました。

彼女は巨乳で、Eカップのブラジャーがきついと言っていたので、Fカップはあったと思います。

それまでは「パイズリ」できるような巨乳のこと付き合ったことがなかったので、パイズリされることに憧れを抱いていました。

それでも、自分からはパイズリをして欲しいとなかなか言えません。

しかし、ホテルの風呂でいちゃついているときに、彼女のほうから「おっぱいで挟んであげようか?」と言ってパイズリをしてくれたのです。

彼女がFカップバストを上下に揺らすたびに湯船のお湯が波打ち、その光景はいまでも目に焼き付いています。

柔らかいおっぱいに包まれたときの幸福感は忘れられません。


自分の場合は、パイズリしてもらえる機会が限られていることもあって、経験は少ないのですが、パイズリされるのはとても好きです。

パイズリの魅力は何と言っても、アソコに挿入する感触とは違った満足感や征服感を感じられることだと思います。

AVの見過ぎかもしれませんが、いく寸前に抜いて、パイズリしてもらいながら発射して、そのままお掃除フェラをしてもらうのが自分の理想のパイズリです。

パイズリにもテクニックはあるのだと思います。

両手の力の入れ具合や上下に動くときのリズム感なども大切です。

ローションがあるとスムーズに上下に動かしてもらえるので、パイズリプレーにはローションがあるとなお良いでしょう。

ただパイズリは、フェラやアソコへの挿入に比べると気持ち良さは少ないので、パイズリをしてもらう態勢だと、口も近いのでフェラも活用しながら交互にやってもらえるとより気持ちが良いです。

さらに、パイズリの途中で、乳首で亀頭責めされるのも大好きです。

亀頭から出るカウパー汁が乳首に擦り付けられるているのを見ると、興奮もマックスになります。





巨乳にローションを塗ったくり、お互いに訳が分からなくなるまで興奮の嵐に襲われる

男性
(48歳男性)


私が一人で行為(オナニー)をする時は決まってローションを使います。

今までは一人の時もしくはプレー中に使ったとしても、身体全体に塗るだけで大好きな胸に塗る事はありませんでした。

それは巨乳に巡り合わなかったからです。

ある日、巨乳の女性とセックスに及ぶ際にホテルに入りました。

そこでローションを購入しプレーします。

お互いの身体にも塗りましたが、巨乳の彼女でしたので胸めがけて大量に塗りたくりました。

もう興奮のるつぼで、テカテカと光る彼女の巨乳に一発で果ててしまいます。

彼女も興奮したのか2回戦目もローションを使いました。

彼女の胸はもちろんの事ながら乳首を使ってパイズリです。


彼女の乳首もピンピンに立ってしまいお互い大興奮。普段でも早漏なのですが普段以上に早漏になり果ててしまいました。

目で見る巨乳に合わせてローションを使ったプレーだと、2人とも何が何だか分からなくなる位に気持ち良くなってしまいました。非日常とはこの事だと感じました。





コメント

タイトルとURLをコピーしました