ぶっちゃけ激しいクンニが一番絶頂しちゃう!優しいだけじゃ物足りない激しく刺激的なクンニで興奮Max



女性器を舌で愛撫するクンニは、男女のセックスにおいて女性を気持ちよくさせる最高の愛撫である。

それでも拙いクンニテクニックやムード作りが下手だと、クンニの威力も半減してしまう。

本能のまま欲望でクンニに没頭するのもいいだろう。

しかしやはり女性が喜び、セックスの盛り上がるクンニのやり方を身につけて損はない。

ここではクンニ自慢男性にクンニのテクニックや魅力を実体験をもとに赤裸々に語ってもらおう。

そうすれば、あなたのクンニで女性を虜に出来るだろう。

激しいクンニで女をイカせた40代男性


一気にクリの先を舌で転がして、吸い尽くすように刺激を加えていく

男性
(42歳男性)


女性器を愛撫するやり方としては、手マンや指入れなどもありますが、やはりクンニにとどめを刺しますね。

女性器をじっくり責めるには、舌を使うのが最高です。

女性ごとに匂いや感触、形状などの違いを楽しめるのもいいところで、相手の女性との距離も縮まるように思います。

女性はほぼ100パーセント、フェラチオをしてくれるのに、男性がクンニする割合はどれほどなんでしょう。

結構低い気がします。

それだけ、俺様系・オラオラ系のジャンクなセックスをセックスだと思い込んでいる男が多いからでしょうね。

一番敏感な女性器を愛撫するというのは、最大の愛情表現です。

一番敏感ということは、一番の弱点になる部分をさらけ出しているということでしょうから、最も深くわかり合える性行為になります。

私のクンニテクニック・コツとしては、いきなり核心を責めないことです。

極端に言ったら太ももから舐めあげていって、周囲をふやけるまで嘗め尽くします。

一度クリトリスに責め掛かったら、あとは一気にクリの先を舌で転がして、吸い尽くすように刺激を加えていきます。

大抵の女性は気持ちよくなってくれます。

なかなか潮吹きまで至ることはありませんが、近いところまではイケるでしょう。


相手の女性との関係性ももちろん必須なので、そう簡単ではありませんが。

ちなみに、手マン・指入れで潮吹きさせるのは簡単ですが、あれは本当の意味での潮吹きではないように思います。

指で膣奥を刺激することで起きる潮吹きは、女性の体が刺激に対して起こす反応としての現象であって、どちらかというと痛みや刺激を和らげる要素が強いでしょう。

だから調子に乗ってガシガシとデリケートな膣をかき回して、体液が出ていることを喜ぶようではいけませんね。

個人的なテクニックとしては、やはり焦らしが大きいと思います。

この焦らしは、若い男性にとっては自分の性欲発散のほうが強いので難しいと思いますが、とにかく男性はこらえて、クンニを長い時間続けるべきでしょう。

その時女性の方にも、演技とは言わないまでもエッチな反応・リアクションを示してもらえると、愛撫にも力が入るのです。

今までで一番印象的なクンニは、デリヘル嬢の子にしたやつでしょうか。

その子は自分で、はっきり「私は不感症なので」と言ってきた子でした。

あまり食生活や生活のリズムが狂っているからか、体全体がカサカサに乾いている子でした。

あまり笑わず、淡々とこちらへの奉仕だけしようとするような子です。

気持ちいいセックスをしたことがないんだろうなあと思い、可哀そうになって、本気のクンニをしてあげたくなりました。

「いいよ」という彼女に構わず、指で揉みしだくように股間を刺激して、唇で性器を愛撫し続けました。

「濡れないからあ」という彼女に構わずクンニしていると、じわっと、膣奥から愛液が染み出してきたのです。

「えっ、うそお」と言いながら、彼女は次第によがりだしてくれました。

その子とは、そのあとセックスまで出来ました。

私がその日の最後の客だったようで、彼女はそのまま泊まっていきます。

結局次の日に別れて、以降会っていませんが、クンニの思い出です。





全国津々浦々、あらゆる風俗嬢のマンコをクンニして日々クンニの腕はうなぎ上り

男性
(45歳男性)


私はクンニが大好きです。

風俗に通った時に、シックスナインをしない嬢に当たった時は怒りで身体中が震えるほどです。

私がクンニ好きになったきっかけは、とあるファッションヘルスの嬢でした。

今から20数年前、年上の嬢のあそこを始めて見た時に思わずマンコにむしゃぶりつきます。

嬢には半分引かれましたが、懸命に舐めたがる私にクンニのコツを指南下さいました。

どこをどう舐めたら気持ちがいいのか?いきなりあそこを攻めることはNGで、周りからゆっくりと雰囲気を大事にして云々などなど。

数回その年上嬢通い、腕を磨いていくうちに、私はあることを突如嬢に指摘されました。

『あんた、舌の動き、イジリー岡田より早いんじゃない?』

私ももしやと思っていたのですが、私は舌の動きを異様に早く動かせる能力を体得していました。

そのスピードならどこへ行っても通用する。行ってこいスピードスター!

嬢のお墨付きをもらいそれ以降、自信を持って全国の嬢のあそこを舐める日々を送っています。

今一児の父ですが、今だに風俗通いを止めることはできていません。

クンニの技を発揮するべく、私は10代後半から45歳の今に至るまでありとあらゆる風俗を経験してまいりました。

風俗は最高です。自分が舐めるだけではなく嬢も懸命に抜いてくれますのですから。

彼女ができたり妻ができたりしても、風俗通いだけは辞められませんでした。

特にお気に入りだったのは横浜曙町の言葉責めヘルスです。

嬢の淫語によがりながら顔面騎乗でクンニの体制に入ります。

間も無く私の陰茎はビンビンにとんがって来ます。

それを確認した嬢は、69のように体制を前後逆にして淫語を叩きつけるように叫びながら、高速の足摺りで私が昇天するのです。

同時に嬢も潮を吹いて昇天する。と言うのがお約束のプレイでした。

高速の足摺りの最中も顔を潜らせてクンニをするのは体制的にとても大変でした。今はもう無理です。

射精後、優しくなった嬢がお清めをしている間、呆然としている私はいつも同じことを考えています。

この液体、絶対におしっこだよ。苦い独特の香りのする液体はおしっこのそれでした。

それでも私は風俗通いを止めることはないと思います。

これからも果てることのない風俗道、そしてクンニ道の極めに少しでも近づけるよう、頑張ってまいりたいと思います。

駄文長文失礼しました。



恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。
新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?



ブレーキもなく直球攻めで激しくクンニし続けると、彼女も濡れ度が増して大興奮

男性
(45歳男性)


「クンニ」はSEXにおける礼儀でもあると考えています。

その後に自分のペニスをなめてもらうこともあるでしょう。

何といっても女性の一番敏感な性感帯が集中している部分ですので、女性が気持ちよくなってくれるので、重点的にていねいにクンニするように心がけています。

中にはその臭さに苦手意識を持つ人がいるかもしれませんが、それはたまたまです。

シャワーやお風呂に入ってからであれば、通常それほど臭いません。

もしも臭いが気になるのが最初から分かっているのであれば、さりげなくいちゃつくフリをして、お風呂の内に(念入りに)洗ってしまうのも手です。

私が大好物としているのは、濡れやすく、潮吹きのしやすい女性です。

テンションが爆上がりです。

これに毛が薄くてパイパンというおまけが加われば、しばらく顔を離しません。

濡れまくっていれば、顔を押し付けても摩擦は少なく、感じたことのない感触が顔に走り、何とも言えない快感を味わうことができます。

目の前にあるのは大好きな無毛なアソコ。

正面から見るとそれはそれは神々しく、見飽きることはありません。

そんな彼女ができたときに、私は興奮が止まりませんでした。

「落ち着け、落ち着け」と自分に言い聞かせながら、すぐに舐めまわしたい自分を制御します。

最初に指でその領域に触れたとき。そこにあるはずのものがない、ツルツルのでも柔らかい感触。

数分持たず、クンニの態勢に入っていました。

邪魔するものが何もないため、トロトロになって、蜜が少し垂れてきているのが目視できます。

たまらずそこへ吸い付き、舐めまわします。

本当は徐々に周りからという攻め方が王道かもしれませんが、ブレーキは効かず直球攻めでした。

舌を押し入れるほど密着し、顔を押し付けます。

この感触はパイパンだからこその感触。一気に虜になりました。

この激しさに彼女も興奮したのか、AVであるような私の頭に両手をあてて、「イヤ」と言いつつ、濡れ度を増していきます。


残念ながらクンニをしながらの潮吹きはかないませんでしたが、顔を離して指を入れようとすると、二本がずっぽし。

そのまま刺激を始めたら、ビクビクし始め、「イク・・・」というか細い声と共に潮吹きしてくれました。

あと一歩だったのかもしれない部分が残念でした。





激しいクンニで絶頂してしまう20代女性


クンニされながら、指でGスポットを刺激され、中と外の同時攻め

女性
(26歳女性)


体的に舐める。大きく、小さく、縦や横、いろんな角度から舐められるのがたまらない。

「(名前)のここ、とっても美味しいよ」とか「可愛い」など声をかけながら、たまに顔に目線を向けられると、とても恥ずかしくなる。

徐々に舐めるスピードを早めていき、それと同時に指を中に入れてGスポットを押され、中と外を同時に責められたい。

喘ぎ声が大きくなってきて、いきそうな時に、あえて刺激を止めて、「どうしたの?そんな顔して」とか「もっとほしいの?」とか言葉でいじめられたい。

おねだりした後に、「いやらしい子だね」「もっと気持ち良くなって」「いっちゃいたいんだろ?」など、言われながら、どんどん刺激のスピードを早めて絶頂に達したい。

可能であれば、使っていない反対の手でずっと乳首を刺激するとGOOD

20歳に付き合っていた彼氏が、ただ舐めているだけの犬のようだった。

初めてのクンニだったが、自分でオナニーした時の方がよっぽど気持ちいい。

全体を舌先だけで舐めていて、クリトリスなど弱い部分を知っていない。

舌全体を使ってほしい。舐め方も強弱や動きなどをつけてほしいところだが、そういったこともなく、ただ「舐めれば気持ちいいだろ」というような考えを持っていそうだった。

そんなんじゃ感じない。舐めるだけがクンニではない。

それまでの二人の雰囲気だって大事。まず感じるスイッチが入っていないと気持ち良くなれない。

舐めているだけでなくて、反応をみたり、言葉をかけたり、相手のことを気にかけながらすることが大切。

そしてすぐやめるのは気持ち良くなる前に終わってしまう。女性は、いくまでに刺激を蓄えるので、しっかりと刺激を続けることが大切。

挿入前に1度はいかせていると、入れてからも感じやすくなる。とにかく相手の反応を見ること。

クンニが下手な男性へアドバイス
あなたがフェラされたいように、女性もクンニされたいと思っています。

気持ちいところして欲しいところは個人差あるかもしれないけれど、相手の反応をしっかりと見て、焦らすように、いやらしくはじめてください。




激しいクンニでの興奮でさらに女を磨く30代女性


男性に身を任せ激しくクリトリスを愛撫され、快楽のピークに達してしまう

女性
(38歳女性)


年上男性でお付き合いはしていませんでした。

ちょうど興味があったので、二人で会うことになった時に彼があっというまに迫ってきたんです。

気がついた時出産かと思うほど自分の足の間に彼の顔が位置していて、激しく吸ったりしています。

ついつい声が漏れてしまい、隣のアパートの住人に気が付かれたのではないか?とハラハラしながら彼の強い愛撫を受けていました。

かなり強く吸い付いたのか、太ももに私のあれを舌で擦り付けていようです。

恥ずかしい前に男のあまりにも強く素早い行動に身を任せる他ありませんでした。

ひだの内側を舌先で舐め続けられると、徐々に濡れています。

彼もすごく濡れてるけれど?と聞いてくるので、うん…とだけ呟いた覚えがあります。

いよいよ濡れてきたらクリを強く刺激していました。その時は快楽のピークを迎えていたのです。

外側が気持ちよくなれば、いよいよ中でいきたくなってしまいます。



セフレ探しなら、会員数1700万人突破の日本最大手の出会いマッチングサービス【PCMAX】にお任せ。

登録料無料で年会費はなし、安心・安全をモットーに万全の体制で運営されているから、安心して出会えます。



無我夢中で鼻息荒く強弱の巧みなクンニで最高に興奮する一時

女性
(35歳女性)


恥ずかしがらずに情熱的でしつこいくらいのクンニをしてほしいです。

舌全体を使い、時には歯も使いながらクリトリスから膣の中まで、丁寧に優しくなめまわしてほしいのです。

クリトリスをまず丁寧に優しくなめまわしてから、太ももと陰部の間のあたりをねっとりと舐めまわしましょう。

時間をかけてだんだんと膣の方へと近づいたら、その周辺も舌を回すようにして刺激します。

それから一気に膣の入り口のあたりを力をいれて刺激してもらいたいです。

膣の中まで舌をいれて、時には唇に力を入れてしゃぶるようにしながら、そして音を立てながら激しくクンニしましょう。

そうすれば、一気にオーガズムへ至ります。

挿入時と同じで、強弱がついたクンニが大好きです。

そして出来れば、鼻息も荒くしてクンニしてほしいです。

その湿気と温かい感じに、余計に感じて興奮しちゃうでしょう。


私が20歳ころに関係を持っていたドイツ人の男性が最高にクンニが上手でした。

私がまだ経験が少なく、彼の大きなペニスを入れるのにいつも痛がっていたのです。

そのため手マンしかしてくれていなかったのですが、ある日突然クンニを始めてくれました。

最初は私も恥ずかしくて足を閉じ気味にしてしまいがちだったのです。

それでも彼の優しい舌づかいにだんだんと腰が動いてしまうほど感じてしまいます。

彼は長い舌を使って膣の中までクンニするのが大好きで、手で優しくクリトリスを刺激しながら膣の周辺は唾液をいっぱいつけて息を荒くしながらクンニしてくれました。

欧米人は唾液の量が多いのかとてもべちゃべちゃと音がします。

彼の温かい吐息と温かい舌の動く感じが最高に気持ちよかったのです。

時には私がテーブルの上などに座って彼が膝立ちになって、私の太ももの間に顔をうずめてクンニをしてくれたこともあります。

いつも時間をかけてクンニをしてくれるのが愛情たっぷりでよかったです。

 
クンニが下手な男性へアドバイス
  
恥ずかしがらず無我夢中でクンニをしてください。   
 




コメント

タイトルとURLをコピーしました