四つん這いでのクンニは恥ずかしいほどエロい☆絶妙の羞恥心とバックから仕掛けられるクンニに仰天



女性器を舌で愛撫するクンニは、男女のセックスにおいて女性を気持ちよくさせる最高の愛撫である。

それでも拙いクンニテクニックやムード作りが下手だと、クンニの威力も半減してしまう。

本能のまま欲望でクンニに没頭するのもいいだろう。

しかしやはり女性が喜び、セックスの盛り上がるクンニのやり方を身につけて損はない。

ここではクンニ自慢男性にクンニのテクニックや魅力を実体験をもとに赤裸々に語ってもらおう。

そうすれば、あなたのクンニで女性を虜に出来るだろう。



四つん這いの女性をクンニで喜ばす40代の男たち


お尻フェチにはたまらない四つん這いでのクンニの泥沼にハマる

男性
(45歳男性)


変態な女と何度か経験をしてきましたが、その中でも記憶に残っているのが四つん這いでのクンニです。

これは、私が基本的にお尻フェチとあって、女のお尻を嘗め回しては堪能していた流れで、アナルまで舐め始めたのがきっかけでした。

自らの顔もべちょべちょになるほど女のお尻からアナルまでを舐め回してはクン二しのです。

そして、しばらくして今度は逆に私がしてもらう際に、四つん這いなったところ女が私のお尻やアナルをクン二してくれたのです。

あまりにも気持ちが良かったので私はそのまましばらく女にクン二させ続けます。

そして気持ちよくなりイク瞬間、私は女の顔にチンポを持っていき顔へと掛けたのでした。

これ以来この女とは共にクン二を堪能しては、セックスするのが定番となりました。

女もまたクン二するのもされるのも快感となり、クン二なしでは満たされなくなったのです。

そしてこの女とのクン二プレイ以降クン二にはまった私は、今でも様々な女とクン二しては堪能しているのでした。





四つん這いにさせてお尻を突き出させて、顔をウズメながら行うクンニがさ最高

男性
(49歳男性)


基本的に尻フェチな私。

仰向けで足を広げてクンニも最高ですが、女性を四つんばいにさせてクンニをするのが一番好きです。

はじめは気づきませんでしたが、AVを見ていた時に吉村卓という男優の出演AVを見るとしょっちゅうそのシーンがあります。

高校時代にそれを初めて見て、ああ自分もやってみたいと感じたのです。

ヘルス嬢で自分の尻フェチにぴったりの娘がいて、指名するたびに四つん這いにさせてクンニするのが楽しみでした。

その娘はただ四つん這いになるだけではなく、頭を枕に当ててお尻をグイっと突き上げる感じで見せつけてくるので、それだけでギンギンになったのです。

そこに顔をうずめるのが最高でしたね。

決して太っているのではなく、腰がくびれてお尻が安産型の最高の嬢。

顔は目が切れ長で好き嫌いが分かれるタイプだったので、指名が取りにくい嬢でもなかったです。

風俗では簡単にできますが、プライベートでは中年になるまで叶うことはありません。


やはり女性も経験を積んだ人じゃないとやってはいけないプレイなのかもしれません。AVはやはりファンタジーなんですね。





四つん這いのクンニで羞恥の快楽に溺れる30代の女性


恥ずかしがっているフリをしながらも、クンニで激しく感じるのが止められない

女性
(37歳女性)


私は、クンニが大好きなのです。

口ではクンニは恥ずかしいし気持ちよくなれないから嫌い…と言っておきながら、実はされるのも、AVでクンニされている動画を見るのも大好きです。

クンニをされる時に、私の秘部に男性が顔をうずめてしまいます。

なんて恥ずかしいことをされているんだ…と思いながらも、それで興奮して勃起している男性を目撃。

私をしっかり女性として見てくれているような気持ちになるので嬉しくなるんですよね。

エッチをする時は、やはり自分が必要とされてると思えます。

私で興奮してくれてると、私自身ももっと気持ちよくなっちゃおうかな、彼とならもっと激しく喘いでも嫌われないかもな、と開放的なエッチが出来ているでしょう。

特に四つん這いになり少し脚をひらいて、クリトリスがちょっとだけ割れ目から見えるくらいを舌全体で美味しそうになめってくれるのが好きです。

見ないでと喘ぎながら、私の秘部がどうなっているか、ヒクヒクしているか等、中継を交えてくれる男性のエッチはやっている側もとても感じてしまいます。






四つん這いになって足を開いてれば、彼氏がクンニで攻めてくれるのは超絶エロくて体勢も楽

女性
(38歳女性)


四つん這いクンニッて、エロいですよね。

アダルトビデオで男優と女優が四つん這いクンニをしていたら、かなりエロいです。

一般人の恋人同士や夫婦が四つん這いクンニをしている光景なんて、何倍もエロいでしょう。

あたしたちカップルも彼の方から指示してくるので、男の好きな体位だという印象です。

彼はとにかくバックの体位を女にさせるのが好きでした。シックスナインよりもエロいと思います。

特にあたしたちのケースでは、あたしがベットに横になった状態でかれが上になり、四つん這いになることが多いです。

あたしは足を開いているだけでオッケーなので楽。

彼は女の体の上に覆い被さるようにしながら、上からのぞいてクンニするという流れです。

彼のチンコはズボンの中にしまわれていることが多いでしょう。

時々元気な時に裸になるけど、私に顔周辺には一切落ちてこないので、あたし的にはフェラすることも少なくて、体力的にも楽に寝ているだけという体勢。

これは二人で話あった末の方法です。女性は体力的に楽な方法がいいですよね。






女性を服従させたい彼氏から四つん這いにさせられてのクンニされる最高の羞恥

女性
(38歳女性)


どうも女性を服従させたいらしく彼氏が、女性を四つん這いにさせる行為が好きな人で、よくバックの姿勢にさせられていました。

ベットマットの上に両手と両ひざをついて四つん這いになるのはまだ良いのです。

たったままで壁に両手をついてバックの体勢にならされて、彼は69の格好でクンニしています。

そんな自分の姿を鏡でみると、すごくいやらしくて…本当にこれ私なのお?と疑ってしまうほど。

彼氏が下に入り込んで仰向けでクンニを頑張る体位なので、楽ではありました。

下から上に向かって愛撫される感覚がなんとも言えず。

舌先がかすかに触れている感覚がまたこそばゆい印象でした。

でもお尻からは逆になるので、お尻周辺を見られないので羞恥心は逃れていたと思います。

彼におねだりされなければ絶対しない格好でのクンニですが、羞恥心があると余計に快楽は得られます。

先っぽと全体舐めのギャップが波のように押し寄せてきて、ピークへ気持ちが良かったです。





コメント

タイトルとURLをコピーしました