騎乗位で中出し☆気持ち良すぎて我慢できない!セックスで中出しするなら騎乗位が最高



定番の体位の一つである「騎乗位」が好きな人は男女ともに多い。

女性主体で動かせる数少ない体位と言うこともあり、男性を責めることが楽しみになる女性も少なくないだろう。

上から男性を見下ろして、女性の思うように上下左右に動かし、男性の反応を楽しめるのが何よりの魅力だ。

女性主導で女性に上から見下ろされる快感は、М気の強い男性にはたまらないだろう。

ここでは、騎乗位の醍醐味やテクニックについて熱く語ってもらおう。



騎乗位での中出しで活気ずく30代男性


騎乗位で相手の膣の中に射精する瞬間が最高の快感と満足度

男性
(30歳男性)


騎乗位での中出しは本当に気持ちいいです。

相手が全部動いてくれて中出しの瞬間もそのまま入れて抜かずに、全部出し終わるまで奥に入れてもらえます。

出す瞬間相手もイクので膣の中が動いて締め付けたりうめたりを繰り返して、本当に精子が搾り取られるみたいで気持ちいいです。

相手は精子が出るとすぐに腰の動きを止めて、奥深くに精子を受け入れます。

僕はその時は自分でオナニーした時より大量に精子が出ます。

やっぱり中で出すのと自分で外に出すのでは全然気持ち良さが違うのです。

僕は一回だけじゃ終わらないので2回戦もします。

そのまま連続で中出しを繰り返し、最高で騎乗位では3回イキました。

それでもとても気持ち良いです。

連続中出しした後のマンコは大量に精子が入っているので、抜くと本当にたくさん精子が出てきます。

それを見ると興奮してまた中出ししたくなります。

特に騎乗位は相手が尽くす感じなので、支配的でSの性癖が満たされるのです。

相手が動いてくれるので自分は射精するだけです。

こんな気持ちいいことは他にないと思います。





中出し後に挿入したチンコを抜くと精子が垂れ出るのが最高

男性
(37歳男性)


セックスの中で最も素晴らしいと言える行為が中出しだと思います。

そもそもセックスの目的とは子作りであり、中出しこそその最大の目的に最も即した行為です。

また同じ中出しでも、しっかりたっぷりどっぷりと膣に留めるという意味で最も良いとされる体位は正常位でしょう。

しばらく膣を上に向けておけばたっぷり出した精子が溢れることは無いからです。

そのセオリーに反して最もすぐに精子が垂れ落ちてしまうのが、騎乗位中出し(中出し騎乗位)です。

これは膣内にたっぷりどっぷり精子を大量放出し、ちんちんで栓をしていたものを、ちんちんを引き抜くことでその殆どが垂れ落ちてしまうことからそう言われています。

折角たっぷり出してあげたのにどっぷり出てくるので、中出しに向いた体位なのでしょう。

それでも自由なセックスという意味で騎乗位中出し(中出し騎乗位)に魅了されているカップルは多いとです。

どっぷり垂れ落ちる派手さも相まって人気の体位が騎乗位なのです。





騎乗位での中出しで輝く30代女性たち


子供好きでガタイのいい夫との騎乗位は、激しく腰を動かしいつも中出し

女性
(31歳女性)


子供好きな夫とのセックスはいつもゴム無し。生のおちんちんが奥まで味わえる騎乗位は中出し射精にもピッタリハマる体位です。

まず勃起した夫のペニスを私のおまんこに挿入し、向かい合った姿勢のままパン!パン!と激しくガニ股で上下にピストン。

膣の中で夫のペニスがぐんぐん硬くなり、たまにベロチューしたり夫の乳首をなめたり愛撫もします。

夫はかなりガタイが良いので乗っかって腰を振ると安定感があるのです。

パンパンとピストンを続けていくと、夫の射精が近くなってきます。

私は背面騎乗位も大好きなので、またハメたりない気分の時は「ちょっとだけ待ってね」と夫に言います。

そしてクルリと体を半回転させて再びズプっと奥まで挿入。背面騎乗位だとペニスの引っ掛かりがGスポット側にうまく当たってとても気持ちいいんです。

そのままアンアンあえぎながら本能のままに激しく腰を杭打ち、ピストンで打ち付けて中出しをおねだりします。

「もう出そう」と言われるとすかさず「出して!膣内に出して!」と言うのです。そしてたっぷりとザーメンを子宮に注いでもらっていつも満足して眠ります。





М気質な夫とSな妻の私は、避妊もせずにいつもセックスで中出し

女性
(38歳女性)


夫とは一度も避妊したことがないエッチ。

なぜなら、避妊用具が高いから。

コストがかかるから買わないようにしようって、夫の命令です。

夫婦で騎乗位が大好き、なぜなら夫がM男さん。

妻でありながらS気質のあたし。

ふたりのエッチは、SM気質があるから騎乗位がほとんどです。

女性自身からしゃがみこむと、気持ちいいんですよ…。

挿入を仰向けで待つよりも、騎乗位でいれた方が断然いい。夫のMぶりを下に見ながら…。

でも…スタイル維持に励んで夫の前でセクシーな体を見せないといけない女の努力、そしてプレッシャーもあります。

ここで夫がダメになると…その時の作戦はフェラ。

お口でフェラして我慢できなくなった時に、我慢させながら騎乗位へと持っていくパターンです。

もちろん、避妊は何もしないルール。

これまでも妊娠した回数は子作りのみ。夫は女性の体を下からながめる方が好きらしいのです。

胸の膨らみ、ウエストの窪み、そして。。凸凹がうまくくっついている様子をみると、イクらしい。





望まない妊娠は嫌でも騎乗位での中出しを止めることが出来ない間柄

女性
(39歳女性)


あたしはパートナー(情夫)とのエッチでは、避妊を行ったことが一度もありません。

毎回の如くに中出し、あるいは直前に彼の方から外に出してもらっています。

パートナー曰くコンドームはそれなりにお金がかかるから。実はコンドームの感触が好ましくないということも聞いています。極薄は品質がいい分それなりにお値段高めと言うこと。

これにはあたしも同感です。ただし望まない妊娠が嫌で、外だししてもらうことが多し。

なんでも友達に聞いたところ、騎乗位であれば中出ししても、重力に従って落ちてくるから妊娠の確率は高くないよとのこと。

本当か嘘か試してみようということとなり、騎乗位で中出しでしています。

たしかに騎乗位の時はあたしがすぐに彼から離れることで、中出しを阻止することも可能、中だししちゃっても彼の方へ戻ってゆくだけ。。の様子。

ただし彼のものに液がついてしまいます。カウパー液が膣内に入っただけでも妊娠することがあると聞いたこともあります。

今のところ、騎乗位での中だしや外だしの技のより望まない妊娠は起こっていないので、この噂をあたしたち二人で信じています。





騎乗位で中出しで自信漲る40代男性


会社の女性上司に誘われ、騎乗位で従順な馬となった果てに遂に中出し

男性
(43歳男性)


大学を卒業して広告制作会社へ就職しました。

半年ほど研修を受けて、配属になったのはアパレル関係を担当する部署です。

40手前の女上司はメガネをかけていかにも知的で、思ったことは遠慮せずに言うタイプ。

だからといって男まさりな訳ではなく、タイトスカートを好んで履く美しい女性です。

基本から親切に教えてくれる一方で、「しっかりしなさいよ!」と手厳しことも平気で言います。

入社して1年を過ぎた頃、ぼくと課長でペアを組んで働くことが増えました。二人で残業していた金曜の夜、「たまには飲みに行こうか?」と課長が誘ってきました。

普段は聞くことができない課長が学生の頃やっていたソフトボールの話など聞かせてくれ、時を忘れて楽しみ、気づくと終電が終わっている時間です。

「タクシーで帰ります」
「うちに来て飲み直すわよ」

課長はマンションで一人暮らし。冷蔵庫からワインを取り出し一杯のみ終わる前に、僕の肩に頭を乗っけてたのには驚きです。課長は女になっているのを感じました。

「ねえ、ヨシ君。今夜は裕子、ヨシ君の仲だよ」
「えっ?」

坂井課長、太田君の関係が裕子さん、ヨシ君、、、ですか?

課長のまさかの変身ぶりと、まさかの展開に気持ちの整理ができないでいると、坂井課長、いや裕子さんは僕に激しく唇を押し付けてきた。そして舌を入れてきて、僕の手を自分の胸にあてる。

「これは現実?」まるで夢の中にいるようです。言われるがままに服を脱いでくと、おもむろにおちんちんを咥えてきました。ねっとりと絡みつくようなフェラチオは今までに味わったとこありません。

裕子さんはそそり立ったものにまたがって挿入していき、根元まで収まったところでピッくと身体が反応したのがわかります。

ぼくの両手に指と指を絡みあわせ、ゆっくりと腰を動かしていく様は、馬術で優雅に手綱を引いているかのようです。

これこそまさに騎乗です。裕子さんが乗り手で、ぼくは従順な馬です。

次第に乗り手は手綱を強めて行き、広野をひた走るかの如く一定のリズムで腰を上下させていきます。「ハッ、ハッ、、、、、、、アッ、、、ン、、ン」乗り手は快楽に揺らいでいるようです。

そしてついに競走馬にまたがるジョッキーへと変貌していきます。激しい前後への動きで一気にゴールへ駆け込みます。

「ヤバい! 裕子さん、もう、ダメです」
「いいわよ、中で出して、私の中に全部出して!」

裕子さんが言い終わる前に発射していました。「出し切った」まさにそんな感じです。結合部からは白い精子がこぼれ落ちているのを見るていると優しい声で言ってくれました。

「今日は安全日だから大丈夫」

会社では坂井課長、太田君。プライベートでは裕子さん、ヨシ君。

実家に帰って家業を継ぐことになった3年後までその関係は続きました。





騎乗位で中出しして若返る50代男性たち


持久力の衰える50代には、彼女主導の中出し騎乗位が最適

男性
(53歳男性)


私は50代のイケメンサラリーマンで、同窓会に出席しても周りの男性に比べて飛びぬけて若く見えるのでモテモテです。

そんな感じなので、今同級生と不倫してます。同級生で彼女も50代ということもあり、妊娠の心配が無いのでエッチするときはいつも中出し。

50代女性と違い50代男性ともなると持続力も落ちるので、エッチの途中のコンドームをつける作業は興ざめしてしまいます。

中折れもあり折角コンドーム着けても台無し状態になりかねないので、中だしエッチには最高です。

エッチの流れ的には前戯は入念に行います。ここで十分濡らしてから正常位に入るのです。ただこの体位は男性の全身運動になるので、続かず情けないですが中折れしちゃいます。

この後、女性を上にして素股状態でこすってもらうと、ムクムクと回復して知らない間にスルッと再挿入。

そこからは彼女の好きに動いてもらい、私は下から彼女の全身を愛撫して相乗効果で気持ちよくなっていくのです。

最後はそのままフィニッシュ。


しばらくその状態で彼女と抱き合い、ザーメンは私の腹の上に出します。

こうすると、布団も汚れず彼女にふき取ってもらうので楽ちん。

一緒にシャワーを浴びて、行為の後もイチャイチャが続くので、騎乗位中だし最高です。





社内のアラサー女性を強引にお持ち帰りすると、生で挿入も厭わず激しく腰振り

男性
(54歳男性)


社会人1年目の飲み会で社内不倫していると噂されていたアラサー女性といい感じになり、半ば強引にお持ち帰りしホテルへ行きました。

女性がシャワーを浴びているところへ我慢できず突入。

「イヤン」と手で顔を覆ったものの指の間からフル勃起の息子をガン見しているのが分かったのです。

そこで息子を顔に近づけるとむしゃぶりついてきました。

そのままフェラしてもらいながらシャワーを済ませて、抱き合いながらベッドに向かって、またフェラ口撃…

我慢できなくなったのか女性はフェラから騎乗位に自ら移行して、艶めかしい声を出しながら、手は身体の横にダランとしたまま足だけで腰を上下に動かします。

巨乳がバインバインしているのが圧巻でした。

そのうち疲れてきたのか手を私の肩に置いて、さらに激しく腰を上下させています。

私はこの辺りで果てそうで「いきそう」と言うも聞こえていないのか、止まる様子はなくそのまま続行。


私は不覚にも中で果てていましたが、まだ20代前半の若い時なので、逝っても元気なままだったのでお姉さまも無事果ててくれました。

その後、朝まで生中出しでやりまくります。

幸い妊娠もせず、責任も取っていません。





騎乗位の中出しで蘇る60代男性たち


妻の誕生日に高級ホテルで普段しない騎乗位で中出しして、わが子が誕生

男性
(61歳男性)


私が結婚したのは30歳です。妻は24歳で処女でした。

同棲しているときから、生理日を除いてほぼ毎日セックスをしています。

私と妻はいろいろな体位を試していましたが、なかなか騎乗位だけはさせてくれません。

妻に理由を聞くと、「自分は胸が小さいし、自分で腰を動かすのは恥ずかしい」と答えてくれました。

妻の誕生日の時、市内の高級ホテルを予約し、豪華なディナーを食べました。

その日は珍しく妻も酒で酔っぱらったみたいで、そのままベッドインします。

環境が変化したせいか、妻のマンコはラブジュースでビショビショでした。

妻は私の指と舌でいっていました。その後いつも通り正常位で合体し、そこから座位位へ、そして騎乗位へ移ります。

いつもの妻と違って自ら腰を動かしました。私は下から妻の小さな胸を揉み、ときどき乳首を攻めました。

彼女の腰の動きはさらに激しくなり、彼女は「いくー」といい、私も彼女のおマンコに中出しをします。

そのセックスがキッカケで長男が誕生しました。ちなみに次男のときも騎乗位からの中出しでした。





コメント

タイトルとURLをコピーしました