四つん這いで後ろから手コキされるとどうなるの?羞恥心と快楽の狭間の最強プレー



男性器を手でピンストなどで刺激する手コキは、最も手軽にできる性行為の一つである。

男性側としては自分でするオナニーと違い、女性にチンコをしごかれていることで羞恥心も相まって感度や刺激がアップするだろう。

特にS気の強い女性にしてみれば、男性器を自分の手で動かして男性が感じている姿を見ることで興奮するはずだ。

男性が女性にチンコを弄ばれているような感覚でプレーを楽しめれば、さらに盛り上がるのが手コキの醍醐味とも言える。

挿入前の前戯として手コキを取り入れてみるのもよいが、挿入でイケなかった男性をイカせるための補助的な位置づけでもよいだろう。

まさに万能の性行為と言っても過言ではない手コキのテクニックや魅力を存分に堪能してもらおう。



四つん這いでの後ろから手コキされた20代男性


控えめな彼女がある日、「69での手コキフェラ」や「四つん這いでの手コキ」に目覚めだす

男性
(25歳男性)


私が手コキされるのにハマったのは、現在の彼女とお付き合いをしたのがきっかけでした。

今まではエッチの手慣れたとの行為が多く、流れ作業のようなセックスが多かったのです。

しかし、現在の彼女は、処女ではなかったものの、とても恥ずかしがり屋で、下ネタをなかなかいう事ができず、すぐに顔が真っ赤になります。

Sっ気のある私は興奮を覚え、調教エッチをするようになりました。

エッチを覚えた頃にローションをつけてさせたり、時には車内でアブノーマルなプレイも敢行。

手コキにハマったのは彼女が酔って帰ってきた時です。

いつも求めてこない彼女が何も言わず、ベッドに誘導してきて気付いた頃には手コキをされていました。

まずはノーマルの手コキ、ローション替わりに唾液を垂らし、私の性感帯の裏筋を永遠と責め続けます。

なかなか行かせてもらえず、体感1時間弱は手コキされていたと思います。

いつもとは違う主導権、どこで覚えてきたのか分からないローション替わりの唾液、そして何より寸止め攻撃、全てが初めてすぎて今でも鮮明に覚えており、手コキにハマったきっかけになりました。

そして私はMにもなれるという新しい発見です。

最近はエッチに徐々に慣れてきて、さまざまな体位での手コキをします。

特にお気に入りは69での手コキフェラ。

自分だけ感じるのもいいですが、やはりお互いで感じ合うのが一番気持ちいいのです。

感じながら手コキフェラをし、たまに足で奥まで咥えさせる事により自然と唾液が増していくのを見ながら舐めるのはもう絶品です。

たまに彼女がSになる時は私が四つん這いになり、乳首を触られながら手コキされるのも恥ずかしながら気持ちいいです。


これからもより良い快感を求めて色々なプレイを試していきたいと思います。



セフレが欲しいなら国内最大級の登録数を誇る恋愛マッチングサービス「ハッピーメール」がオススメ。

サクラ絶対ゼロで、1分程度で登録できます。

ネットで出会いを探すのが当たり前になった今、是非ハッピーメールでセフレを見つけよう!



四つん這いでの後ろから手コキされた40代男性


四つん這いにされながら手コキされ、潮吹きしながら雄叫びをあげた瞬間を一生忘れない

男性
(40歳男性)


私にとって手こきの最大の魅力はその羞恥心にあります。

隠語を耳元で囁かれながらローションがわり涎をたっぷりと垂らし、乳首を摘まれながらの高速手こきは最高です。

特に男の性感帯を全て知り尽くしたベテランのデリヘル嬢から受ける授乳手こきやアナル舐め手こきはこの世の天国そのもの。

密室のラブホテルで四つん這いになりながら熟女手こきに昇天し、恥ずかしながら私が発射する様子をスマホで撮影して頂き、プレイ後に動画を嬢と二人で鑑賞するのが私の一番の楽しみでした。

初めて潮吹き手こきで雄叫びをあげた夜は今でも忘れられません。

最近は19歳から20歳ぐらいのギャル系デリヘル嬢にハマってます。

彼女達から罵声を浴びせられながら手こきからの足こき、挙げ句の果てに顔面に唾や痰をかけられながらのセルフオナニーでフィニッシュがお決まりのパターンです。

私が無事昇天した後、彼女達はまるでゴミを見るかの様な目でボロボロになった私を嘲笑い見下しSNSにあげるからと毎回唾と痰だらけの全裸の写メに撮ってゲラゲラと笑いながら帰ります。


前回はありがたい事に黄金水までかけて頂きました。

黄金水オナニー、思い出しただけでまた昇天しそうです。

このデリヘル店のギャル嬢達はドSだらけで困ります、お尻にバイブを刺されながらの手コキは出し入れが激しすぎたため切れ痔になりました。

さらに、見たことないペンチの様な器具で金玉を潰されそうにもなりました。

ただ、その時の私間違いなく興奮してたんですよね。

もう普通の手こきじゃ満足出来ない身体になっていますが、後悔はありません。

明日も予約を入れてしまいました。明日はどんな屈辱的プレーが待っているのか、今から楽しみです。



恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。
新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?



四つん這いでの後ろから手コキされた60代男性


攻められるときは必ず四つん這いにさせられ、手コキとアナルを同時攻め

男性
(61歳男性)


私は30代の時、同僚の京子さんと不倫関係をしていました。

私と彼女は同じ職場の同期採用で、双方とも家庭があったのです。

そんな中彼女が仕事を辞めるまで約3年間不倫関係が続きます。

彼女のお得意のプレーの一つが手コキです。

我々のセックスには先攻後攻があって、セックスをする前にジャンケンをして先攻後攻をを決めます。

彼女が攻める側になると、いつも私を四つん這いにさせます。

そして私の股の間から手を伸ばし、私のジュニアをしごきます。

それだけでも気持ちがいいのですが、それに加えて金玉をなめたり、口に含んだりしました。

また私のアナルを舌先でつついたり、指を入れてきたりしたのです。

そして彼女はだんだん手コキのスピードを上げてきますが、私が「いきそう」と伝えると、ジュニアをぎゅっと握って「我慢しなさい、男の子でしょう」とじらしてきます。

しばらくすると、また手コキとアナルを同時に攻めてくるのです。

四つん這いになった私は犯されている気分になり、私が「もうだめ」と伝えると彼女は手コキのスピードをあげます。

私は「あっ」と言いながらカルピスを出すのです。



恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。
新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?



四つん這いで男を手コキする喜びに目覚める30代女性


外国人の彼に対して、四つん這いの淫らな格好で手コキでご奉仕

女性
(38歳女性_2022時点)


30代前半で外国人の彼とエッチした体験がありまして、その時のエッチが結構怠慢な姿勢でしていました。

ソファーに二人で座りながらテレビを見ていると、彼が太もも周辺を触り出します。

彼はソファーの上に大の字になりながら寛いでいるので、あたしが動いて四つん這いの格好になりながら彼のものを手コキしました。

その時スカートは捲られて彼の手がお尻の肌を弄るのです。

かなり大きな手で触るので気持ち良くなり、へんな格好でも彼のためにと手を動かしました。

そのうちに口でするようにと言われフェラを初めてしまいました。

フェラ中あたしの格好は誰にも見せることができないような恥ずかしいものです。

スカートは捲られ、パンティのヒップの部分も露出していると言う状況。

彼の横から四つん這いの格好でフェラしていました。

まず日本人の彼とエッチするときにはしない体勢です。

外国人の彼の体が大きいことや、ソファーの広さなどの条件下でこうなったのかな?と思いました。

彼は腰をかけたままで、あたしがクルクルと体の向きを回転させての手コキ。何故か楽しかったです。





パンツで男の顔に跨っての手コキは1回戦では終わらず2回戦に突入

女性
(39歳女性_2022時点)


パンツをはいた女性が顔にまたがり、匂いをかぎながら手コキしてほしいという要望に応えたことがあります。

パンツも素材や色を指定され、パンツ以外の着衣はしないでと言われました。

女性は男性とは反対向けで四つん這いになって、男性の精器を手コキします。

はじめは唾を付けて手でしごいていたのですが、性器も柔らかくて手の中でくねくね動く感じでした。

だんだん性器の先端から潤滑剤になる汁が出てきて、チンコも固くなってきます。

口でするより、手でしごいて欲しいと言われたので、私はひたすら彼の顔にまたがり、手で性器をしごいていました。


玉や他の部分を刺激すると気がそれるし、くすぐったいからと、とにかくひたすら手でしごいて、その様子をしっかり見るように言われたのです。

彼が匂いを嗅いで呼吸が荒くなると、もっとチンコは固くなり、そのまま私の手の中で射精します。

射精中もしっかり先端までしごいて、絞り出すように最後の一滴までだすようにしました。

彼はとても満足したようで、そのまま2回戦の本番に入ります。マニアックな要望が強く、元気な人でした。





四つん這いの男を後ろから手コキして目覚める40代女性の欲望


大好きな彼を四つん這いにさせて手コキする面白さが止められず

女性
(41歳女性_2022時点)


前に付き合っていた彼氏が手コキがすごい好きでした。車で出かけた帰りに手コキとか、どこでもできるのがいいのでしょう。

なので本格的にセックスするときはちょっと興奮度を上げるために彼に四つん這いになってもらって、後ろから手をいれて手コキしていました。

すると彼が「ひーひー」いいながら、悶えながら感じまくっているのがわかって可愛かったですね。

それからすごく楽しくなって、セックスのときは必ず四つん這い&手コキというのが定番になりました。


たまに四つん這いになっている彼の下に潜り込んで69状態になって、彼を手コキしているのを下から眺める感じがこちらも興奮したのです。

彼もわたしも性器がすぐ下にある状態で指でクリをいじってくれたりと、余計にお互い興奮しちゃったのを覚えています。めちゃくちゃ気持ちよかったです。

キスしながらの手コキも結構好きで、これは王道だとは思いますが、彼の吐息がすごく感じられて最高です。

私たちのセックスの中で四つん這い手コキは欠かせないものでした。





四つん這いの彼の滑稽な姿に、支配欲が火がついてしまう

女性
(41歳女性_2022時点)


前付き合っていたひとが結構、アブノーマルな??セックスがすきで、彼氏が四つん這いになって後ろからわたしが手をいれて、手コキするのが好きでした。

いつも興奮してくると四つん這いになって「後ろからしごいて~」と言ってくるので、しごいてあげていました。

はじめは面白い体勢でちょっと笑っちゃったのですが、何とも言えないような服従させてるような感じが病みつきになります。

男を支配しているような感覚になってきて、こっちもノリノリになってお尻叩きながらしごいたりしていました。

すると「あぁ~。もっと叩いて!しごいて!」とめちゃくちゃ興奮しちゃうんです。

ギンギンに立ってしまってそれを後ろから、疲れてきたら横から手を入れて激しくシゴキまくってました。


フェラのときは結構ゆっくりとしごいて舐めてということが多いんです。

四つん這いになったときはSっけが出てしまうのか、めちゃくちゃ早く&激しくしごきまくっていました。

「気持ちいいの?」とか「恥ずかし恰好してるね」とか、言いながらしごくと余計に興奮していましたね。





コメント

タイトルとURLをコピーしました