パンストでの足コキが凄すぎる☆パンストでチンコをしごく究極の刺激で羞恥心と支配欲のせめぎ合い



女性が足でチンコを刺激する「足コキ」は密かなファンが多い。

特に興味はなかったものの実際にやってみると「足コキ」にハマる人は男女とも少なくない。

足で性器を弄ばれる屈辱感や女性が優位に立てる感覚から、Ⅿ気のある男性にはピッタリ。

また足コキをキッカケにSに目覚めた女性も多いとのこと。

リアルな足コキ体験談をもとに足コキの真の魅力に迫りましょう。

足コキプレーの実態を赤裸々に暴露します



パンストでの足コキで男を弄ぶ30代女性


職場近くの喫茶店で誰にもバレないように、M男の彼氏のチンコを足で擦りあげる

女性
(39歳女性_2022時点)


会社に勤めていた頃、付き合っていた男性がいました。

ちょっぴりMっ気の強いメガネのオタクの男性で、私に虐げられたいという希望があったみたいです。

職場近くの喫茶店でランチしていた時、パンスト姿に興奮した彼氏は「向かい側に座って、パンストをはいた足で、チンポをこすってください」とお願いしてきました。

店主は年老いた男性で奥さんがサポートしていましたが、こちらのことは全く見ていません。

彼はズボンのチャックを下げてちんぽを丸出しにしました。

私もハイヒールを脱いで大きくなったちんぽをパンストの足で挟みます。

彼氏の喘ぎ声が漏れましたが、店主には聞こえていないようで、どんどんエスカレート。

足で挟んだままそそりたってビンビンのちんぽを上下にコスコスしました。

私も興奮してあそこが濡れ濡れになってしまいます。

彼氏も足でパンツの上から私のおまんこをいじくっていました。

彼と私のいやらしい吐息が漏れるなか、お昼休みの時間が終わり、絶頂を迎えれませんでしたが超エロい体験でした。



セフレが欲しいなら国内最大級の登録数を誇る恋愛マッチングサービス「ハッピーメール」がオススメ。

サクラ絶対ゼロで、1分程度で登録できます。

ネットで出会いを探すのが当たり前になった今、是非ハッピーメールでセフレを見つけよう!



パンストでの足コキで女に翻弄される30代男性


10歳年上のお姉さんに黒のパンストで足コキされて、足コキの虜になる


男性
(31歳男性_2022時点)


足コキには、大きく分けて2つの魅力があると思います。

1つめは、女性が足で愛撫をしてくれるという異常な光景に対する心理的な興奮です。

手や口を使った愛撫というのは、ペッティングやキスなどの愛情表現の延長と捉えることが出来ます。

一方足を使った愛撫というのは、ただ単純に性的な目的においてのみ行われるものであり、その際の女性は非常に艶めかしく、性的なオーラを纏っていることは間違いのないでしょう。

また男性が一方的に蹂躙されるかたちになるため、M気質の強い男性にとっては、それだけで強く興奮を誘う光景になります。

もう1つは、手や口と違って力のコントロールが難しい分、予期しない快感が得られることがあるという肉体的な興奮です。

これは特に足コキに慣れていない女性が恐る恐るチャレンジしてみた時にこそ起こりやすい現象です。

意図せず踏みつける、ひっかくような動きが加えられた際に、予想だにしない種類の感覚が走り、たいへんに気持ちが良いでしょう。

社会人になって2年目の時に、10歳年上の30代前半の女性と付き合っていたことがあり、そのきっかけが足コキでした。

掘りごたつの居酒屋に2人で行った際、酔った彼女が私の股間に足を延ばしてきて、プチ足コキをしてもらうかたちになったのです。

その際否応もなく反応してしまい、そのままホテルに直行して一晩過ごすことになりました。

彼女は、それほど男性経験が多いわけではないようでした。

それでも10歳年上であるということからか、なめられてはいけないと考えたのか、足コキなどをプレイに織り交ぜることによって、経験値の高さをアピールしようとしていたようです。

その後も2人で残業している際などに、その後のプレイに誘われる折には、足コキで迫られることもありました。

黒のパンストで足コキをされると、視覚的にも感覚的にもものすごく興奮してしまうもので、誘われて断ったことは一度もありませんでした。

若いうちにこの経験をしてしまったことで、足コキに対する妙なこだわりが、自分に芽生えてしまったかもしれません。




恋愛・結婚・再婚を考えるのに、年齢は関係ありません!
晩婚社会と言われる今、30代後半〜70代で出会いを求めている方は驚くほどたくさんいるのです。
新しい出会いから、豊かでときめく人生をもう一度はじめてみませんか?



蒸れたパンストで激しく足コキされる強い刺激と匂いのコラボがたまらない


男性
(36歳男性_2022時点)


パンストの足コキはかなり癖になりますが、経験がない場合はペニスが擦れる快感で驚くかもしれません。

彼女が仕事から帰ってきてから、蒸れたパンストで足コキをしてもらうことで、臭いも感じることができるのでいいです。

最初は力加減が重要になるので、痛みを感じたらすぐに伝えるべきでしょう。

私の場合も最初は彼女も慣れていなくて、力を入れすぎてペニスが少し赤くなってしまったので注意をしました。

基本的にフル勃起をしている状態であれば、パンストの足コキで強くしごかれても問題ないので、その前の段階に注意をするようにしています。

焦らしをいれながらフル勃起をしてから、激しくパンストで足コキをされることで、最初から最後まで気持ちよく射精することができるので、その流れだけは毎回守ってもらっているのが自慢です。

当然ながら射精をするときはパンストに豪快にかけることになります。


2回戦もそのままのパンストで足コキをしますが、自分の精液がローション代わりになって、また違った快感を味わえるので好きです。



セフレ探しなら、会員数1700万人突破の日本最大手の出会いマッチングサービス【PCMAX】にお任せ。

登録料無料で年会費はなし、安心・安全をモットーに万全の体制で運営されているから、安心して出会えます。



OLの彼女がパンスト姿でしてくれた足コキの感触は今でも忘れられない


男性
(37歳男性_2022時点)


OLの彼女と付き合っていた時に、してもらったパンスト足コキは最高でした。

仕事帰りで蒸れた足から臭うニオイと、足の柔らかい感触で刺激されると通常の手コキではない最高の感触を得ることができたのです。

彼女はスカートタイプのスーツが多く、スカートから足コキする際にパンツがチラッと見えるのがたまりません。

パンツがモロに見えるよりも、見えるか見えないかわからないギリギリというのも興奮状態に導いてくれます。

パンストを履いている足の感触は、手とは違う感覚が楽しめました。

簡単に言うと生暖かい感触なのですが、足で踏まれたりすると手では得ることができない快感を得ることができます。

パンスト足コキをしてもらいながら、そのままパンストに射精するのがたまらない感覚でした。


パンストに射精したものはそのまま捨てて、代わりに新しいパンストを買わされるのがルーティンです。

とても印象的な思い出です。あの感覚と蒸れたニオイがたまりません。





パンストでの足コキで女に見くびられる40代男性


私をМ男に育ててくれた女部長に、説教のついでに激しい足コキを頂戴する


男性
(45歳男性_2022時点)


清水部長は私をM男に育ててくれた女上司です。

私の発注ミスで取引先へお詫びに行った帰りに部長のマンションでお説教を受けます。

「やれやれ、さんざん嫌味言われたじゃない。しっかりしてよね、男なんだから」と股間を勢いよく平手打ちしてきます。

ソファの下で仰向けにされ、部長はソファに座りながら私の股間を弄ってくるのです。

「チンポついてんだから、頑張れよ」両足で踏みつけるようにさすってきます。

「あれ、硬くなってんのか?パンツ脱いでみろ」言われるがままにズボンとパンツを下ろします。

「なに勃起してんだよ、こうやられんのが好きなのか?」部長はパンストを履いたままの足でチンコを挟んだり、さすったりするのです。

「挟まれるのが好きなのか? 今日の書類はファイルにちゃんと挟んだのか? おい? ほかに挟むものはないのか?」


「部長のおっぱいに、、、」

「えっ?聞こえないよ、ハッキリ言えよ」

「はい、部長の柔らかいおっぱいにおちんちんを挟んでほしいです」

「お前は本当に挟まれるのが好きなんだな。いいよ、こっちきて服ぬがせな」

ベッドに移動して仰向けになった部長のおっぱいにチンコを挟んだ。

「どうなの? なんとか言えよ」

「部長のおっぱいは柔らかくて気持ちがいいです」

「そうか、今度は私のを舐めてくれる?」

「はい、舐めさせてください」

「暑かったから、汗だくで臭いよ。わたしの臭いおまんこ舐められる?」

「はい、部長の汗だくのおまんこ舐めたいです」

足コキ、パイズリ、卑猥な言葉でのプレイ。これらのプレイを強調され、私はセックスの楽しさは数倍にもなったのです。





パンストでの足コキで女に身を捧げる50代男性


パンストならローションなしで足コキでき、程よい摩擦で手コキ以上に気持ちいい


男性
(50歳男性_2022時点)


パンストで足コキされると、パンストの肌触りのよさと滑りの良さがあるので、すごく気持ちよく感じます。

足コキする時は女性の足がガニ股になるので、あそこが丸見えになるため興奮度もあがるのです。

素足で足コキすると滑りが悪いので、ローションを使わないといけないでしょう。

ローションを使うと女性の足が汚れてしまうので、パンストを履いてる時には、何もつけなくても感じることはできます。

慣れればパンストで足コキをされて射精することもできるでしょう。

女子高生はパンストを履く方は少ないので、20代の女性とエッチをしている時にパンストを履いたまま足コキをしてもらいました。

パンストをローションを付けて亀頭責めされると、パンストのきめの細かさで尿道が気持ちよくなります。

足コキは足の裏と裏を合わせておちんちんを上下に動かすので、手こきと同じくらい気持ちいいのです。

おちんちんが勃起していないと足コキはできませんので、女性に十分に勃起させてもらってから足コキをしてもらうといいでしょう。






コメント

タイトルとURLをコピーしました